Hills

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

立ち并ぶビルの阴 热にうなされる夜 谁のための夜
木漏れ日の朝を舍てて 何を愈すために都会を茹(ゆ)でるの

谁もが望んでる 景色は似たようなもんで
目に映る现実のイビツさにも惯れ合える
忘れがちな仆ら

阳の当たる丘へ
道は続くよ どんなに曲がりくねってても
いつの日か君と 遮るものの无い场所で
Hug したい そう、いつか

ニュースに吠えてる里で ほくそ笑む辈たち 夸れるのはどっちだ?
额に汗した禄(ろく)を他人がバラまく 浮世の奇迹

ひたすら耐える时代の美徳 ひけらかすためだけの美学
目に浮かぶ切実な イラストとは违う近未来
どこで间违えたかな

どんな朝でもいい
目が覚めるなら 今を変えられるなら
いつまでも君と 见つめ合ってたい生きてたい そう
Hug したい もう、起きて

见逃さないで あきらめないで 手を伸す限り届く日が来るよ きっと

苦しみと希望を抱えて
明日の风の中へ飞び立っていく

阳の当たる丘へ
道は続くよ どんなに曲がりくねってても
いつの日か君と 遮るものの无い场所で
Hug したい そう、いつか
もう、起きてよ