しおり

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

映画のワンシーンの様 モノクロな记忆のせいで
思わず 高速を飞ばした 感情も隠さず
友达も恋人もライバルも 今は过去の人
绊と呼べるもんが 仆らには确かにあったんだ

あの顷より暮らしはましなのに
切なくなるのは そう梦を语りあえた顷に戻れないから

仆ら 笑って歌って 信じ合えた 戸惑い抱えながら
いつまでも 留まれないから
心の栞を挟んでは 会える日までと誓い合って
そして今では 息を切らして探しているんだ

古びた 机に刻まれた梦や恋爱観は
青臭くて しょっぱくて でも力强くもあって
上手くいかない事ばっかの毎日だったけど
今より生きる痛みなど 感じなくて

确かなものばかりを选ぶより 不确かでも辉くあの日の影
帰らぬ日々 思い出しては

いつだって 笑って歌って 信じ合えた 戸惑い抱えながら
例え仆ら 离れたとしても 寂しさに暮れても
见つければ あの辉き すぐに取り戻せる気がした
今でも 色褪せない梦 掴む

どれくらい歳を重ねても 梦がくたびれても
仆らだけが知るあの栞は きっと忘れないから

笑って歌って 信じ合えた 戸惑い抱えながら
いつまでも 留まれないから
心の栞を挟んでは 会える日までと誓い合って
そして今では 息を切らして探しているんだ