今年の桜(from『What's flumpool !?』)

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

深呼吸ひとつ 明日へ向かう列车に乗った
色褪せた星も见惯れたこの街で
迷いながらでも 自分らしさ ひとつひとつと
积み上げる度に落ちた涙拭いて

キラキラと光る桥 降り注ぐ黒い雨
出会えたもの全て 抱きしめよう

赤く染まった 頬のような咲き夸る桜は
ひらひら 舞い落ちては この身をいま诱い
永い冬を越え 辿り着いた 想い焦がしたこの场所で
梦を刻んでゆこう 胸に溢れた歌を响かせ

缲り返す日々を 心测る物差しにして
辉きの种を育む粮にして
干いた花を 责めない强さを以て
散ることを恐れず芽吹かせる轨迹よ

これからに続く道 振り向けば冻る谷
噛みしめた全てを 背负って行くよ

见上げた空の遥か彼方 故郷(ふるさと)の桜が
ひらひら 舞いあがれと 今年も背中押す
永い冬を越え 辿り着いた 想い焦がしたこの街で
いまを刻んでゆこう 希望という名の未来へ向けて

『数えきれないほど何度も呼んだ君の名前
どこかで微笑んでる』 いま确かにそう言える

见上げた空の遥か彼方 故郷(ふるさと)の桜が
ひらひら 舞いあがれと 今年も背中押す
永い冬を越え 辿り着いた 想い焦がしたこの街で
いまを刻んでゆこう 希望という名の未来へ向けて
歌を响かせ