Daisukidatta

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

远く浮かぶ故郷 心に染みる
夕日を背中にして 肩を并べたyounger days

校舎の隅に咲いた ひなげしの花
「まるで二人のようね」と 影を重ねた恋人(ひと)よ

おざなりにした 大切な言叶
伝えれぬまま 梦ばかり追いかけた

爱したのはそう 幻なんかじゃないよ
もう逢えはしない面影 思い出すよ
蕾をつけ始めた花は 君だけ见つめてた

「人を好きになるってさ 简単じゃないね」って
少し笑った后に 泣いたのは何故?

远く浮かぶ笑颜が 胸をかすめる
思い出にするには 美しすぎる女性(ひと)よ

忘れはしない ぶつかり合って
そうして知った痛みが 二人を照らすよ

果てのない空 见上げて思い出すよ
どこにもいけない影だけ 连れて歩く
独りは惯れていたはずなのに 涙がでるよ

爱したのはそう 幻なんかじゃないよ
もう逢えはしない面影 思い出すよ
蕾をつけ始めた花は 风に揺れる
季节は移ろい変わってくのに 君だけがいないよ