reboot~あきらめない詩~

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

夜空に浮かんでは 散りゆく花火の光
不甲斐ない仆と现実をごくさいしき极彩色に照らす
いつからか见失ってた 梦の続きを
探しては また目を闭じてしまう

臆病 失望 后悔抱えてる
いっそ rebootなんて言えたら

それでも谁もが 生きたいと愿うのはきっと
君みたいな 希望を见つけてるから
目を闭じれば 今も浮かんでる光の欠片
何度も 何度でも 仆を呼び覚ます

今だって仆は 仆を俯瞰で见れる程の
言わば「大人」だと思い込んでたはずなのに 呜呼
うつむくたび不意に 零れ落ちる涙
高らかに 叫びたい仆がいる

今 何を どうすればいいの?
一寸先が暗であっても

期限切れの梦に 想いを驰せてきたけれど
现実を この仆を受け止めるよ
泣きじゃくった后には 虹を架けてくれないか
いつだって 何度だって 仆は変われる

手を伸ばして 一秒先の未来へと繋いでく
わずかな梦と喜び 握り缔め
悲しみが终わらないなら 产声の様に歌うから

痛み うれ忧い 全部ひっくるめて
今を生きて 笑い合いたいよ

谁もがいつまでも 爱したいと愿い続ける
君みたいな希望を见つけてるから
泣きじゃくった后には 虹を架けてくれないか
いつだって 何度だって 変わってゆける