僕の話 - プロトタイプ
出自專輯
奏(かなで)
發行月份

僕の話 - プロトタイプ

作詞:スキマスイッチ    作曲:スキマスイッチ

透明な色の空がいつの間に赤く滲む
頬をつたいこぼした時を 拾うこともできず
見ているだけで無くしたよ 君を

もっと我を忘れてもがいてみりゃ良かったの?
もっといろんな言葉が浮かんでくれば

僕の部屋はがらんどう 夕日がスキマ無く注いでる
この光さえぎるもの無く 涙の跡も映し出すけど
隠してよ 僕を

パッと切り替えられればどんなに楽だろう
だってそうすりゃこんなに膝抱えること無いよね
きっと言い過ぎたんだ今更遅いでしょ
ふっと見渡してみても君はどこにもいない いない

一人だってやってけるさと言い聞かせたいんだ
君がいなくても大丈夫さと思いたいんだ
いつかどっか君と出会っても笑えるために