陽炎

作詞:水野良樹    作曲:水野良樹

La La La…

焼けた肌がしびれるような
果てのない愛に焦がれる
みつめあえばとまれないと
ふたり知っていたのに

わたしはただ 幸せという
甘い陽炎に魅せられたの
そのひかりが 美しくて
いっそ誰かに奪われるなら
抱きしめたまま壊したい

舞われ 恋のなかで夢のなかで
燃えていくの きれいね
太陽が強く照りつけていた もう戻りたくない

Amore 愛するほど求めるほど
惹かれていく つらいの
許されないとわかっていたのに
あなたの手を握った
La La La…

言葉にすればさびしいものね
誰にも言えないつながり
わたしきっと忘れられない
消せやしないあやまち

あなたはただ 子供のように
この胸にじゃれているだけなの
罪を知らぬ 黒い瞳
求めるようにみつめるから
わたしはまた怖くなる

舞われ 恋に堕ちて夢に堕ちて
悲しみまで きれいね
涙もこぼさず わたしは黙って
あなたにくちづけた

Amore 咲きふるえる花のように
儚いから つらいの
さまよう視線にあなたは戸惑う
サヨナラが揺れていた

舞われ 恋に抱かれ夢に抱かれ
燃えていくの きれいね
二度とは会えないひとだと想えた
まぼろしじゃなかった

Amore 愛しいまま消えていくの
あなただけを みていた
心でくすぶる優しい陽炎
わたしは手を離した

La La La…