Natsu wa Oboete Iru

作詞:槙原敬之    作曲:槙原敬之

夏の草を掻き分けながら 川の石をとかしながら
何かを探す子供たちに 夏は気を長くしてくれる
海も山もない このマチで
カバンと携帯でくさがった両手じゃ
どんな季節にだって 手遅れないと想ってた
店先に出回り始めた 西瓜の赤い切り口が
笑ってるように見えたのは 僕の中にいる
あの夏の子供のしわざだねぇ~
学校へどんな場所に行っても
自分で探さなきりだ 何も見付けられない
僕ら忘れていただけで この齢似た子供の顔も
夏は覚えている

真っ赤に焼けた体を 夕立が急いで冷ます
カタナかじのように夏は 子供達を強くしてくれる
誰かがまいた打ち水が 誰かに涼しい風をふる
つぎはどんな自分になりたいのかは分かった気がした
蛍がタクサン集まる 川や
アケビがなる場所を見つけては胸をたか鳴らせ
走って変えたる 色の細い夕暮れ
学校へどんな場所に行っても
あんなに楽しかったのは 喜ぶ顔を見てたから
僕が忘れていただけで この齢似た子供の顔を
夏は覚えている

にしかごを斜めに 駆けてた君を タオルを包め巻いて
コーラを飲む君を 勉強帰り ホームに立っていた君を
夏は忘れはしない

例えどんな場所に行っても 自分で探さなけれりゃ
何も見付けられない
僕ら忘れていただけで この齢似た子供の顔を
夏は覚えている