Bushi wa Kuwanedo Takayouji

作詞:槙原敬之    作曲:槙原敬之

ある日突然仕事を無くし ある朝妻が出っていた
帰ってくフルサト 電話したら
テーブルで 震えだすケイタイ
子供迎えへのあんずがなくなり
洗濯サボったのを後悔した
そのとき気付いた すべては僕の選んだ未来なぁ~と
何でも不景気の性にしてた 心をついでに洗ってしまおう
乾くまで これでも食べてなぁ~と 自分にとっておいた
パンを食べる子供を見ていたら 不覚にも腹が鳴った
ごまかすために でたらめな唄を慌てて 僕は歌った
びっくりした 子供が笑い出す
その顔を見て 僕も笑い出す
うしはくわねもバカようじ やさしい響きに聞えた

家族を持つということも 子供を育てるということも
誰が決めた 家庭でもなく 自分が決めたんだ
誰のため頑張ってきた そう叫びそうになった あの夜
かわい寝顔が見えたから 僕は叫出ずすんだ
本当に良かったなぁ~と想ったら 嬉しくて泣けてきた
ごまかすために でたらめな唄を大きな声で唄だ
周りになった子供が笑い出す その笑顔に力が湧いてくる
心の中に 見つけずにいた すごい宝物を見つけた

久しぶりに来たどら猫に 子供がパンを摘みってやった
どんなものでも 大事にしてくれる
人の元に至りと思うのだろう

パンを食べる子供を見ていたら 不覚にも腹が鳴った
ごまかすために でたらめな唄を慌てて 僕は歌った
びっくりした子供が笑い出す
その顔を見て 僕も笑い出す
心の中に 気付けずにいた すごい宝物を見つけた