光のありか

作詞:内田篤人、松井五郎、May J.    作曲:佐伯youthK
いつのまについた傷だろう
涙さえ覚えてないくらい
でもきっとそれは 次へ行ける
自分になれた証(あかし)

逃げたくても逃げる場所なんかない
胸の音を ただ 握りしめた
ひとつひとつ 積み上げれば
いつかかけらも形になる

ずっと遠回りする方へ
きっと迷ってばかりの道だけど
誰のものでもない苦しみは ohohoh~
また夜明けの光を
教えてくれるはず

どれだけ遠くても
行く先は ただ信じてきた
冷たい声にも 唇を噛んで
立ち止まらずに

ほんとうの夢は
はじまりが 続くだけ
あきらめない力 さぁ
手を伸ばそう oh~ いまがそのときさ

ひとりだけじゃうまく越えられない
高い壁 いくつだってある
でもどんなときも 繋がりあう
同じ気持ちが そばにある

ずっと時が進んでくように
きっとチャンスもこの手にできるもの
前を向く姿はいつだって oh~

風をくれる女神が
見ていてくれるから

どれだけ遠くても
未来へとただ向かってゆく
あふれだす汗と 止まらない鼓動は
嘘をつかない

答えのない日々を
くりかえす それでもいい
何度でもできる さぁ
動きだそう oh~

つらいことなんて
怖がって やめたって
いいんだって そう 誰かが言うけれど
後悔はしたくないよ
自分に代わるものが
いないなら

心はどうしても
光のありか知りたくて
倒れてもそれで
終わりにはしない oh~

どれだけ遠くても
行く先は ただ信じてきた
どこまでも青く いつまでも続く
空を探して

ほんとうの夢は
はじまりが 続くだけ
あきらめない力 さぁ
手を伸ばそう いまがそのときさ