シーサイドトレイン
From
ヒカリ
Released

シーサイドトレイン

Lyricist: カツルミ    Composer: カツルミ

綺麗な海がみたいなぁ… 不意に思って目覚めた朝
昔 おばぁちゃんに手を引かれて
乗ったあの汽車で出掛けよう

改札を抜けて乗り込む 青いボディ 赤色の扉
行き先は決めずに行こう 窓際確保 準備OK!

目を閉じて耳を澄ますと響いてくる
エンジンの音が記憶呼び覚ます

シーサイドトレイン トンネルを抜けたら
キラキラ輝く海に出る
シーサイドトレイン 海に沿って走る
空と海 青色グラデーション

佐世保→日宇→大塔→早岐→テンボス→川棚→彼杵→竹松
大村→諌早→喜々津→浦上→最後は終点長崎です

車窓が描く世界に夢中になった幼い頃
鮮やかな世界が途切れる トンネル進入 泣き出す僕

泣きじゃくる僕に「すぐ抜けるよ」と言って
ヤクルトをくれた あのおばちゃん元気かなぁ…

シーサイドトレイン 夕陽が沈んでく
緋色に染まってゆく水面
シーサイドトレイン 窓に映る僕は
何故だろう 泣いていたんだ

シーサイドトレイン 美しい景色が
優しさ素直さ取り戻す
シーサイドトレイン 終点の向こうに
輝く未来が待っている