RE:

Lyricist: Reol    Composer: Reol

右手に携帯で左手には愛
受信するメッセージ 当然気付いてるよ
でもすぐに返事したりしちゃったら
ひかれちゃうかな どうかな

そもそもこんなことばっかが巡ってる思考
ガラにもなくこんなにドキドキしてる心臓
君のこともっと好きになってしまいそう、いいの?
なんかありきたりなラブソングみたいで笑えるわ

頭の中そればっかで やだなこんなんじゃまるで
こっちの方が好きみたいじゃん ねぇ
勘付かれちゃうのは癪じゃん 自分ですら止められないの
本当にどうかしちゃったみたいね

例えばこれが負け戦でも泣きたくないな
歯止めがきかないのです神様
きっと間違いじゃないから

街の屋上 人すれ違い彷徨う
鳴らないベルが暗示してたの「さよなら」

こっちがその気になったって 君のことまだ掴めなくて
もどかしいよ 好きが相反して
君が思ってるよりたくさん ほら、また伝えられないの
君とおんなじ気持ちでいたいの ねぇ

頭の中そればっかで やだなこんなんじゃまるで
こっちの方が好きみたいじゃん ねぇ
勘付かれちゃうのは癪じゃん 自分ですら止められないの
本当にどうかしちゃったみたいね

ここから見える夜空が 僕らを飲み込んで
もう二度と会えないから 明日もどうだっていいの
知らないフリなら簡単で どっち選んでみてもハズレ
君をすごく遠くに感じて
間違いだらけだった足し算 赤点問いかける最後
君とおんなじ気持ちが痛いよ ねぇ