FIRE BIRD

Lyricist: 上松範康 (Elements Garden)    Composer: 上松範康 (Elements Garden)

空がどんなたかくても
羽根が千切れちっても
飛び立つこと恐れずに
焦がせ不死なる絆
Fly to the sky...Fire Bird!
「潰えぬ夢へ 燃え上がれ!」
Burning up
Burning up
(Lala, lalala, Lala, lalala,)

暗闇でのぜつぼうも どうか怖がらないで
貴方の胸いつだって 灯す夢があるから
決断への定めに
慟哭した現実
だけどそれは愛ゆえの 背負う未来(つばさ)だと
(Lala, lalala, Lala, lalala,)

飛べよ鵬翼のヴァイオレット 火の鳥のように
We are 何度も歌い強くなった
夢は負けない
貴女を連れて行きたいんだ 絶世の天へ
ゼロ距離で抱き締め合い 神話に記そう
この音の風で
そして新世界へ(Burning up)
Burning up
(Lala, lalala, Lala, lalala,)

泣きじゃくった あの夜の
答えはまだわからず
だけど前に…前だけに
きっとヒカリは刺すと
重低音と残光のこの聖なる領域で
不完全に
(鉄槌を) 本能のままに
(Lala, lalala, Lala, lalala,)

舞えよ 暁に煌めく
太陽のように
We are…闇から逃げず 支え燃える
紅蓮の炎
幾千回拭ってもいいから
その手を伸ばせば
羽根に変わるんだと
信じて自分を
信じて勇気を
そして明日へと

最初は上を見ることも
空を望むことも怖かった
カゴの中からの銀河は高く
その星の輝きに憧れては
ただ眩しくて、ただ悔しくて
だけど今は、きっと此処から
「羽撃こう…頂点の夢へと」

飛べよ鵬翼のヴァイオレット 火の鳥のように
We are 再び誓う 頂点への
不滅のアンビション
貴方を連れて行きたいんだ 絶世の天へ
終焉の楽園まで
勇気と云う名の
音楽を地図に
歌え新世界へ!( Burning up)
Burning
(Lala, lalala, Lala, lalala,)