Anpanman's March (OP)

Lyricist: やなせたかし    Composer: 三木たかし
そうだ うれしいんだ
生(い)きる よろこび
たとえ 胸(むね)の傷(きず)がいたんでも

なんのために 生(う)まれて
なにをして 生(い)きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今(いま)を生(い)きる ことで
熱(あつ)い こころ 燃(も)える
だから 君(きみ)は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生(い)きる よろこび
たとえ 胸(むね)の傷(きず)がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい 君(きみ)は
いけ!みんなの夢(ゆめ) まもるため

なにが君(きみ)の しあわせ
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる
そんなのはいやだ!
忘(わす)れないで 夢(ゆめ)を
こぼさないで 涙(なみだ)
だから 君(きみ)は とぶんだ
どこまでも
そうだ おそれないで
みんなのために
愛(あい)と 勇気(ゆうき)だけが ともだちさ
ああ アンパンマン
やさしい 君(きみ)は
いけ! みんなの夢(ゆめ) まもるため

時(とき)は はやく すぎる
光(ひか)る星(ほし)は 消(き)える
だから 君(きみ)は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生(い)きる よろこび
たとえ どんな 敵(てき)が あいてでも
ああ アンパンマン
やさしい 君(きみ)は
いけ!みんなの夢(ゆめ) まもるため