HOME - SUNG SI KYUNG × SUPER JUNIOR-KYUHYUN

Lyricist: Kenn Kato    Composer: Sung Si Kyung

色褪せていた毎日が
彩りを取り戻す
約束のその時が近づくにつれて
なんとなくこの心が弾んでいる

届けたい言葉はいつも
中途半端なままで
不器用で無防備な想い出のどこかに
置き去りにされて、いまも眠っている

もしも、このままもう
会うことがなくても
たとえば水に溶ける
絵の具のように…消えるかなぁ

ただいまと言いながら
いつもの振りして
きっときみは笑いかけてるだろう
堪えきれぬ思いを胸に
悔やまずに生きていく
器用さなんか欲しくはない
だってかけがえない
この世でひとりきりの
きみなんだから

大切なものはいつでも
失くした後で気づく
そんなこと誰だって
身に染みているはず
なのになぜか何度でも後悔する

だけど今度だけは
繰り返しはしない
どんな言葉がそんな思いを
伝えられるかな?

おかえりと言いながら
さりげない声で
きっとキミはまた話し出すだろ
まるでなにもなかったように
決して消えたりしない
たとえどんなに離れてでも
だっていつまででも
変わることはないから

ただいまと言いながら
おかえりと言いながら
なにげない顔でぼくら
ありがとう、と
伝えているんだ
悔やまずに生きていく
器用さなんか欲しくはない
だってかけがえない
この世でひとりきりの
君なんだから