[ CLOCKS ] (feat. 初音ミク)

作詞:whoo    作曲:whoo

通り過ぎてく電車のように
風がガラスを揺らしたように
時計の針の刻んだ音が
僕の耳から離れない
ひとつ息ふきかける
煙草を踏みつける
紫に滲む空 雨がふる

踏みなれた枯れ草の道を進んで
ずっと前から知っていたはずのこと
今日はなんだか日差しが強いね
またぐるり季節が廻る
僕は取り残された気分で
小走りで君を追いかける

僕は目をつむったまま君が
階段を降りてゆく音を聞く
夜は沈んで行く

ぽつり小さな夜の影に隠れて
月明かりに背中を向けて伸ばした
左手がまたいつか空の向こうに届く気がした

ひとつ息吹きかける
風が止まっている
煙草の煙の流れる方へまるで
僕らは逃げ出すみたい

ずっと探していたこと もう忘れてしまうよ
言葉にしたいけど もっと時間がかかるよ
それでも 僕らは生きていかなきゃいけないみたいだ
時計の針が刻む