夏透明電気信号オモイデ (feat. 鏡音リン)

作詞:鳥類     作曲:ジェバンニP
ちょっと先の話をしよう
ちょっとじゃなくてだいぶだった!
大分先の話をしよう
すこしだけわたしたちのこと

何もない雲 指差す
夏のそらはグラグラゆれ
北極砂漠地方ジャングルで雪
ポロロッカと時雨タイフーン

野良猫と靴下のこと
バス停と植木鉢のこと
市民プールと自転車のこと
夏の終わりとぼくたちのこと

一緒にいたこと、忘れてもいいよって
名前思い出せないクラスメイトになってもいいよ

あったことだからきっと頭の中で
かんじたことだからきっと指先の端っこで

話したことだからきっと唇の裏で ね
見たことだから目の奥のずっと深くで

ちょっと先の話をしよう
ちょっとじゃなくてだいぶだった!
大分先の話をしよう
すこしだけわたしたちのこと

要素になって あったことが
構成になって 残るから

なかったことにはならない!
でも、覚えてる間は、覚えててね!

アイスたべきれなかったこと
20分遅刻したこと
ロッカーの百円取り忘れたね
この夏の二人のこと

一緒にいたこと、忘れてもいいよって
名前思い出せないクラスメイトになってもいいよ

電気信号になって ぐうるぐるって
ずっとずっと走り回ってる
だから忘れてもいいよ!

あったことだからきっと頭の中で
かんじたことだからきっと指先の端っこで

話したことだからきっと唇の裏で ね
見たことだから目の奥のずっと深くで

一緒にいたこと、忘れてもいいよって
名前思い出せないクラスメイトになってもいいよ

電気信号になって ぐうるぐるって
ずっとずっと走り回ってる
だから忘れてもいいよ!

あったことだからきっと頭の中で
かんじたことだからきっと指先の端っこで

話したことだからきっと唇の裏で ね
見たことだから目の奥のずっと深くで