作詞:BIRUGE    作曲:BIRUGE

描いていたキャンバスをよそに
窓の外 行き交う季節
華やいだ街の香りが囁く
「今も夢を見てるの?」

泡沫の日々が産んだ季節外れの陽炎
煌めいた過去のように見えただけさ

さよならセプテンバー
いつかまた 僕の歌を聴いてくれ
巡る世界は駆け足で
笑うだけの日々はもう遠く

今はただキャンバスを眺め
鈴虫の音 渦巻いている
涙伝う横顔を照らしたあの日と同じ
蒼い月が見ていた

切なさはいつまでも衰えることは無く
薄らいだ残り香が首を絞める

さよならセプテンバー
もう一度巡り逢えるその日まで
歩き出せず俯いて
あの日聴いた歌を歌いながら

走り抜ける木枯らしが 伝う涙 攫う
やがて来たる静寂と共に
さらば紅き日々よ

さよならセプテンバー
もう二度と笑うことの無い道へ
名残惜しき秋風に 背を向けて
僕は走り出した

さよならセプテンバー
いつかまた 僕の歌を聴いてくれ
巡る世界は駆け足で
笑うだけの日々はもう…

さよならセプテンバー
「ありがとう またどこかで逢いましょう」
しわの増えた手をかざし 心の中で叫ぶのさ
強く 強く

さよならセプテンバー (feat. 初音ミク)

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:BIRUGE    作曲:BIRUGE

描いていたキャンバスをよそに
窓の外 行き交う季節
華やいだ街の香りが囁く
「今も夢を見てるの?」

泡沫の日々が産んだ季節外れの陽炎
煌めいた過去のように見えただけさ

さよならセプテンバー
いつかまた 僕の歌を聴いてくれ
巡る世界は駆け足で
笑うだけの日々はもう遠く

今はただキャンバスを眺め
鈴虫の音 渦巻いている
涙伝う横顔を照らしたあの日と同じ
蒼い月が見ていた

切なさはいつまでも衰えることは無く
薄らいだ残り香が首を絞める

さよならセプテンバー
もう一度巡り逢えるその日まで
歩き出せず俯いて
あの日聴いた歌を歌いながら

走り抜ける木枯らしが 伝う涙 攫う
やがて来たる静寂と共に
さらば紅き日々よ

さよならセプテンバー
もう二度と笑うことの無い道へ
名残惜しき秋風に 背を向けて
僕は走り出した

さよならセプテンバー
いつかまた 僕の歌を聴いてくれ
巡る世界は駆け足で
笑うだけの日々はもう…

さよならセプテンバー
「ありがとう またどこかで逢いましょう」
しわの増えた手をかざし 心の中で叫ぶのさ
強く 強く