傾城妓唄(けいせいこうた) (feat. 初音ミク)

作詞:作詞:ひなぁ     作曲:作曲:ムジカデリク

「今はもう昔の…」と 御定まりの口上で奏うたう
傾城けいせいが華と呼ばれし妓ひとの唄 艶あでに三味ひとつ

「あれ見やれ」と太夫の道中誰ぞの声がすりゃ
黒山は傾城が簪かんざしの揺れるを聞くが為

今宵
一切り千両 高嶺の華なるに
見合う夢なれば もっと近う寄りや
誰と思おぼしかや 衣きぬやるゆえ
人形ややと遊ばれませ

絢爛なる街で傾城はたおやかに笑う
そは誰たが為何が為 阿弥陀さんさえ知る由よしもなし


流言りゅうげん囁かる 傾城小指交わせし男ひとありと
身請けに首振らずは 其そが約束まぼろしを追う為という

幾夜
夢に花売れど 汝を手折たおらせや
忘れ路の君よ 早はよう後宮入ちこうよりや
欲しと思おぼすなら 領地くにやるゆえ
小指あかしくだしゃりませ

傾城の幸せをいったい誰ぞが決める?
現実まことか約束まぼろしか 阿弥陀さんさえ知る由もなし

笑みの裏に隠す傾城が素顔誰ぞ知るや
絢爛なる街で華唄うは今や三味ひとつ