不透明なジェラシー (feat. 初音ミク)

作詞:U-ske    作曲:U-ske

遠ざかっていったその答え
明日の自分も
来ない朝を待って零れてく
頬を流れる

見上げた暗闇に光ってた
無数の希望は
一つ残らず あと数時間
消えてくから

世界は冷たくて 孤独だ
斜に構えた強がりさえ
身体のちょうど真ん中 それは
隠せない

会いたいと想う気持ちも
君の瞳には映らないね
届かない言葉が掴むのは
不透明なジェラシー

願うだけで叶う夢の
カケラをいくつ集めれば
寄り添う二人の間まで
手を伸ばせる?

昨日を数えても 曖昧な
君との距離が
眺めてた暗闇 ぶつかって
微か 繋いだ

そっと触れた君に尋ねても
聴こえないのは
指先にまとわりついたもの
エンドロール

広がる温もりに委ねた
心の欠けたピース一つ
身体のちょうど真ん中 それも
確かに

甘い 淡い 恋の行方
映し出されたスクリーン
私は二つの手を合わせ
脇役のストーリー

溢れかえるラブソングも
どうせ私と君じゃない
寄り添う二人はいつもそう
運命だとか

伝えたなら壊れそうなほど
この痛みは嘘じゃない
私の中 透けて見えたなら
もしも

会いたいと想う気持ちも
君の瞳には映らないね
届かない言葉が掴むのは
不透明なジェラシー

願うだけで叶う夢の
カケラをいくつ集めれば
寄り添う二人の間まで
手を伸ばせる?