桜花繚乱・流 (feat. 巡音ルカ)

作詞:マチゲリータP    作曲:マチゲリータP
春風薫る錦の袖に 桜吹雪の荒すさぶ道
指先触れるは艶やかな 一糸いっし纏わぬその姿

嘘ひがごと思おぼゆ桜の蜜に 行方は知らずも荒ぶ道
指先触れるは艶やかな 鬱悒いぶせし現うつつの花の様

音を泣く空の青さは何処か?色づく花弁の色ひとつ
匂ふ橙だいだい 色付いて

「壊れし思ひは、散華さんげのやうに」

はらり ひらり 桜散る頃
契り傅かしずく 眺ながむ浮世は

はらり ひらり 桜舞う頃
思ひ散りゆく ふわり さよなら

さくら さくら 哀しき宿命 (さだめ)
さくら さくら 風に舞う桜よ

壊れし思ひは散華のやうに散りてもなお
咲き誇り続けるのであろう

ららら ららら 哀しき唄よ
過ぎし日々への追憶の灯よ

さくら さくら 哀しき唄よ
灯篭の灯に照らされてゆく

幸せな日々に消えてゆく
冷たい雪に溶け行く唄よ

崩れ落ちる仮面の中に
悪夢が通るはずのところが

ゆらり ひらり 桜舞い散る
貴方散りゆく道にさよなら

ゆらり ひらり 桜舞い散る
最期に消えた 桜の下で

さくら さくら 散りゆく命
さくら さくら 紅く散る桜よ