もうそこにはない恋のうた (feat. メグッポイド)

作詞:toya    作曲:オレジナルP

微睡みの中響く あなたの声 靴音
色褪せない想い、胸にこだまする

あんなに綺麗にはじまったのに
所詮 恋なんてこんなにも脆くて

時刻が来れば解ける魔法だということ
もっと早く教えて欲しかった

行く宛ても無い涙でぼろぼろになった頬を
あなたならどう触れてくれただろうね

そっとドアが開いて 「ただいま」が聞こえて
あとは黙って寄りかかって
それはもうここには、無くて

ふと恋に落とされて 溺れてみて 乾いても
ねぇ 愛の仕方はまだ覚えている?

少しずつ減っていく「好きだよ」の数に
気付かない振りをして逃げ出した結末

思い出に縋ってただ後悔するだけの日々を
あなたならどう叱ってくれただろうね

独り夜を泣き叫んで枯れ果てたこの声には
夢の中でもあなたを呼び止める力は無かった

続きを用意されていないこの部屋の今には
愛され上手な私はもう、いない

不幸なほど愛していた
「だから今は幸せ」って
誰にも聞こえないのに言葉にして嘘を吐いた

ふと恋に落とされて 溺れてみて 乾いても
ねぇ 愛の仕方はまだ覚えている?