廃墟に紡ぐ詩 (feat. MEIKO)

作詞:仕事してP     作曲:仕事してP
月夜に響く雫の音と
心深く蝕む無数の嘆きの旋律
冷たく凍る吐息白く
君はいつでも私を励まし護ってくれたね

罅割れた壁背にして歌う 空見上げ涙落ちる
不意に舞踊る白い花がとても綺麗

凍える手のひら 君がそっと握り
生きる力と強さを私に教えてくれたね

降り積もる花は私と君を残して
全てを白く塗りつぶしていく

こんなにも綺麗な花が
どうして命奪っていくのだろう
涙零す私に君が残したコトバ

『どんなに苦しく辛い世界であろうと
いつか光が君を導いてくれるから』

この光の先に何が在るというの?
君の亡骸を抱いて私も眠りにつきたい

白の地平 黒の影 色戻して
廃墟に佇む彼は一人過去へ花手向けた