作詞:小池貞利   作曲:小池貞利


春の風、役目を果たした汚れた鞄と学生服と
赤く染めた放課後の色とあなたと歩いた焼却炉の側

恥ずかしかったあの丘の上は懐かしかったあの頃の匂いが

今あなたがどんなに年老いたって
昔のあなたにはもう会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しいんだ

桜のせい、彩った校舎が憧れた筒の中へ収まる
儚く染めた家までの帰路とカーブミラーに映る自分自身の頬

去ってくバスは次第に遠く遠く、排気ガスは空に上がり舞った

今あなたがどんなに年老いたって
昔のあなたにはもう会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しいんだ
昔あなたが落とした紙飛行機に乗って
今あなたの住む街まで飛び立って
何から話せば笑うだろうか そんなことを思っている今

恥ずかしかったあの丘の上は懐かしかったあの頃の匂い、あのままの匂いが

今あなたがどんなに年老いたって
今のあなたにはもう二度と会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しい

昔あなたが落とした紙飛行機に乗って
今あなたの住む街まで飛び立って
何から話せば笑うだろうか そんなことを思っている

今あなたがどんなに年老いたって
昔のあなたにはもう会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しいんだ 今

出自專輯

JIDAI

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:小池貞利   作曲:小池貞利


春の風、役目を果たした汚れた鞄と学生服と
赤く染めた放課後の色とあなたと歩いた焼却炉の側

恥ずかしかったあの丘の上は懐かしかったあの頃の匂いが

今あなたがどんなに年老いたって
昔のあなたにはもう会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しいんだ

桜のせい、彩った校舎が憧れた筒の中へ収まる
儚く染めた家までの帰路とカーブミラーに映る自分自身の頬

去ってくバスは次第に遠く遠く、排気ガスは空に上がり舞った

今あなたがどんなに年老いたって
昔のあなたにはもう会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しいんだ
昔あなたが落とした紙飛行機に乗って
今あなたの住む街まで飛び立って
何から話せば笑うだろうか そんなことを思っている今

恥ずかしかったあの丘の上は懐かしかったあの頃の匂い、あのままの匂いが

今あなたがどんなに年老いたって
今のあなたにはもう二度と会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しい

昔あなたが落とした紙飛行機に乗って
今あなたの住む街まで飛び立って
何から話せば笑うだろうか そんなことを思っている

今あなたがどんなに年老いたって
昔のあなたにはもう会えなくたって
あなたと居た事実が真実が何より美しいんだ 今