宇宙みかん (feat. 初音ミク)

作詞:ピノキオP     作曲:ピノキオP
いつまでこうしているつもりなんだ
どうにかして 脱出を図りたがった
それはアルカトラズをゆうに超えた
夢のなかでも あと少しだった

また目が覚めて 重力にうんざり
寝癖頭の私を 見下してくる 太陽
変わり映えしない日々 デジャブも飽き飽きで
自然破壊よりも先に私が壊れそうよ

このまま地球にいるなんてバカみたい

もう いっそ 宇宙で暮らそうよ
宇宙こたつに入って 宇宙みかん食べてさ
幾千の星たちと肩を並べたら
呼吸も忘れるほどにふわふわと浮いていたいんだ

だけど私はただの人間だった
ちっぽけで頭も良くはなかった
悩みもよくある話ばっか
友達や家族が全てだった

SF映画の主人公に憧れて
モノクロの現実に少しだけ色が付く
いつか宇宙からの招待状が届いて
連れて行ってくれることを 全信無疑 願うけど

私の住んでるこの星じゃ ファンタジーみたい

宇宙で暮らすにあたっての
太陽系マニュアル
火星は寒いよ
木星でかいよ
金星ガスいよ
水星は意外と熱いよ
土星はわっかあぶないよ
太陽は調子に乗ってるよ
月は横顔冷たいよ
冥王星はどこへいったのだろう
地球は溜息でいっぱいだ

さあ みんな 宇宙で暮らそうよ
宇宙ジュースで乾杯して 宇宙肉を食らうんだ
ああ 宇宙へ引越しをするその前に
宇宙ハボキをかけて まずデブリをけちらすんだ

でも きっと 宇宙で暮らし慣れたら
無重力にも飽きて 地球が恋しくなるかな?
遠い地球の蒼白く光る輝きに
つまらなかった毎日を思い出し涙するんだ

やっぱり私はただの人間だった
宇宙に憧れる地球人だった
逃避は束の間の休息だった
これからも地球で生きる そうなんだ