玻璃の海 feat.VY1

作詞:SeikoP     作曲:SeikoP
とめどなく繰り返す 波の最果てに
この玻璃(はり)色の躯(からだ)
記憶沈み込ませてる

夢の痕(あと)揺らめく
鈍(にび)の砂に眠り続ける
あまたの哀しみ憂い よろこびの欠片

アムリタを捧げる神の盃(さかずき)に
鐘の音は外(と)つ国黄昏告げ
海精の竪琴が
水泡(みなわ)に奏でるわたつみの追憶

時に掻き消された
透き通る宇宙の塋域(えいいき)に
仄(ほの)白く響いた祈り
囚われの碧(あお)い面影

砕け散る波間に 浮かぶ昔日の祝福の地
癒されぬ悲しみを ただ月の光が包み込む