廃墟に降る花 (feat. KAITO)

作詞:仕事してP     作曲:仕事してP
薄雲に隠れ月明かり淡く輝き廃墟を照らし始め
立ち尽くす僕等の足元には瓦礫が積み重なり崩れる悲鳴が聴こえる

重い空気と共に雨が降り水溜りが円を描いていく
止まった秒針も動かぬまま時は流れ
月は今尚、廃墟を照らし

ひらり、 舞う白い花弁 黒い影を埋め
僕等を凍てつかせ 降り積もっていく

凍える手握り合い 僕等は生きた
吹雪く冷たさに 何度涙溢して来ただろう
苦しみも哀しみも いつかはきっと
力になるんだと言い聞かせ 両手に息を吐く

一人二人消えてく 屍重ねていく
残るは君と僕 どちらが先に行く…?

降る花と月の灯に 両手を広げ
微笑み踊る君が 何故か哀しく思えた

白の地平 黒の影 色戻す頃
廃墟に佇む彼は独り 過去に花手向けた