MEGANE (feat. 巡音ルカ)
出自專輯
MEGANE
發行月份

MEGANE (feat. 巡音ルカ)

作詞:ultra-noob    作曲:ultra-noob

顔を洗うために
机に置いたメガネ
君が遊んでる
それはボクのメガネ

透き通るレンズの上で 踊る君の指
綺麗なガラスの舞台に
雪の足跡を残した

メガネに写る君の指先が
ボクの視界を奪う
メガネに写る君との距離は
ボクのテリトリー

そう

メガネに写る君の指先が
ボクのハートを奪う
メガネに写る君の息吹は
ボクだけのものさ

遠くを見るために
使う魔法は「MEGANE」
今は何も見えない
君とボクのメガネ

透き通る肌の色に 吸い込まれていく
綺麗なガラスのハートが
君の吐息で曇りだす

メガネに写る君の指先が
ボクの視界を奪う
メガネに写る君の魔法は
ボクの行く手を阻む

そう

メガネに写る君の指先が
ボクのハートを奪う
メガネに写る君の幻想で
ボクは満たされる

君が吹き出したコーヒーは
太陽の光 瞬いて
まるで無数のレンズのように
ボクの顔に降り注いだ

メガネに写る君の指先が
ボクの視界を奪う
メガネに写る君の魔法は
ボクの行く手を阻む

そう

メガネに写る君の指先が
ボクのハートを奪う
メガネに写る君の幻想で
ボクは満たされる