どえむ (feat. 初音ミク)

作詞:ぶりるP    作曲:ぶりるP

さあ、おいで 始めよう 禁断の儀式
そう、ここは 羞恥と 拘束の世界

白い首筋に 嵌めた 服従の証
鞭打たれた 傷は 調教の刻印(しるし)

汚らしい言葉 絶えず 浴びせよう
それが キミにとっての ご褒美

どえむ キミは どえむ かなり どえむ
言うまでも無く
どえむ キミは どえむ すごく どえむ
疑う余地無く
僕の愛しい 雌豚

「この卑しい ワタシを 飼育してください」っていう
キミの その健気さに 僕の鼓動 やけに早まる

無様に 這う姿 傍で見てる 僕は
どうしても キミを 虐めたくなっちゃう

どえむ キミは どえむ まさに どえむ
まるで歪み無く
どえむ キミは どえむ マジで どえむ
なんの迷い無く
僕の可愛い メスブタ

床に落とした アイスクリームを
手を使わず おいしそうに 舐めるキミ
幼稚園児の 恰好をして
恥ずかしそうに コンビニで 買い物をするキミ
渋谷駅の前で 僕の帰りを じっと待つ・・・

汚らしいモノを すべて 与えよう
それは キミにとっての 悦び

どえむ キミは どえむ かなり どえむ
言うまでも無く
どえむ キミは どえむ すごく どえむ
疑う余地無く
僕の愛しい 僕の愛しい 僕の愛しい
雌豚