花鳥風月 (feat. 巡音ルカ)

作詞:ナタP    作曲:ナタP

春を濡らす時雨の音色が絶えたとき
そのわずか一瞬に蛹は蝶になる
燃ゆる夏に蝉の声が満ちゆけば
地下に埋もれた骸さえ夢を見る

願いも約束も 砂丘の陽炎
そっとなぞった 朧げで艶やかな輪郭

花のように散りゆく身ならば
鳥のような自由さえも と
あそべ あそべ 勝ちや負けやに
どうせ儚き夢物語

風の随に抱き抱かれて
月が照らしたこの情念
くるえ くるえ 肉も晒して
賽の河原の数え歌

くるりくるり回る空
ゆらりゆらり変わる雲
いつかいつかと阿呆が言う
刹那刹那にすべてあり
美しものだけがただ真理

秋を焦がす枯葉の色が薫るとき
ただすべて一切の記憶は過去になる
氷る冬に息絶えた虫たちと
やがて静かに舞い降りる雪光

憂いも喜びも ひとひらの幻想
そっと奏でる 不確かなかりそめの旋律

月のように欠けたる身ならば
風に抱かれ空にも浮かぶ と
うたえ うたえ 天に地獄に
いつか儚き夢物語

鳥に生まらばあてどもあれど
花と咲きたりこのいのち
この世 あの世 夢幻うたかた
賽の河原の一輪花

はらりはらり惑う雪
ひらりひらり泳ぐ蝶
まだかまだかと阿呆が舞う
既に既に我は見たり
麗しものだけがただ真理

花のように散りゆく身ならば
鳥のような自由さえも と
あそべ あそべ 勝ちや負けやに
どうせ儚き夢物語

風の随に抱き抱かれて
月が照らしたこの情念
くるえ くるえ 肉も晒して
賽の河原の数え歌

くるりくるり回る空
ゆらりゆらり変わる雲
いつかいつかと阿呆が言う
刹那刹那にすべてあり
美しものだけがただ真理