作詞:ひとしずくP   作曲:ひとしずくP

魔法の鏡

作詞:ひとしずくP
作曲:ひとしずくP
編曲:ひとしずくP・やま△
唄:鏡音リン・鏡音レン

天井裏の 狭い小さな部屋/屋頂之中 狹小的房間
そこには誰も 訪れたことはない/在那裏無論是誰也不會來造訪
孤独な世界の真ん中で そっと/在孤獨的世界正中央 靜靜地
幸せを夢見てる 儚い少女/一直夢想著幸福的 脆弱的少女

ある日のことです/這是某一天的事情
古ぼけた鏡に 突然映った少年の姿/從老舊蒙塵的鏡子中 突然間映照出來的少年的樣貌
魔法使いと名乗ったその人は/自稱為魔法使的那個人
私にそっくりな笑顔で笑う/用著與我十分相像的笑臉笑著

廻り始めた運命 変わり出す日常/開始迴轉的命運 開始出現變化的日常
初めてできた、「友達」って呼んでいいの!?/第一次交到的、我可以將其稱為朋友嗎!?
戸惑いながら鏡越し 重ねた瞬間に始まる/不知所措的同時越過鏡子 於手指交疊的瞬間開始的
魔法の時間/魔法的時間
「名前を呼んで?」/「可以叫我的名字嗎?」

触れたその手から 伝わる君の声/從碰觸著的那隻手 傳來的你的聲音
暖かくて、不意に涙がこぼれ落ちた/很溫暖,不知不覺地眼淚就掉落了下來
このままでずっと 握っていていいの?/就保持這樣子 一直握著可以嗎?
寂しい世界で一人 ずっとずっと、待っていた/在寂寞的世界中一個人 一直一直等待著的
鏡の向こうの 優しい手/鏡子的那一側的,溫柔的手

魔法使いは全てを叶えてくれた/魔法使全部都幫我實現了
病気は治って 歩けるようになった/治好了我的病 變得能夠走路了
長く続いた 戦争も終わって/持續了許久的戰爭也結束了
静かなこの部屋に 笑いが増えた/安靜的這個房間 笑聲也增加了

昔夢に見た 幼い日の記憶/以前在夢中看到的 小時候的記憶
素敵なお城で私はお姫様/在非常棒的城堡裡我是公主殿下
懐かしいくらいに 鮮やかに覚えてる/非常懷念地鮮 鮮明地記起來了

今では、それさえも 現実になる?如果是現在的話,即使是那樣的事情 也會變成現實
夢見た願いは 全て叶えてもらった/夢想的願望 全部都能替我實現
だけど今、何かが足りないと感じてる/但是現在 總感覺好像有什麼不足的感覺
それは今目の前にいる あなたにしかできない、【魔法】/那就是現在在我的面前 只有你能做到的【魔法】
「この手をずっと、離さないでいて・・・」/「請永遠不要放開這雙手・・・」

このままで ずっといられますようにと/就保持這樣子一直待在我身邊這樣
他の誰でもない、あなたに願うから/不是其他的哪個誰、是向你許願的緣故
だから、今すぐに 此処に会いに来て/所以、現在馬上 請來這裡見我好嗎
寂しくて眠れないよ 優しく名前を呼んで?/因為寂寞而睡不著呢 溫柔的叫著我的名字好嗎?
いつでも、私は待ってるよ/無論何時 我都等待著呦

魔法の時は早すぎて/魔法的時間過的太過快速
孤独な少女の【夢】は現実になる/孤獨的少女的【夢】變成了現實
「もう、行かなくちゃ・・・」/「我已經不走不行了・・・」
「行かないで」/「不要走」
「魔法が、解けてしまう」/「魔法已經要解開了」
「お別れ言わなくちゃ」/「不得不說再見了」
「言わないで・・・」「不要說・・・」
「お願いだから、泣かないで」/「拜託你了,不要哭」
「行かないで」/「不要走」

鏡の向こうは 【全て逆の世界】/鏡子的那一側 是【完全顛倒的世界】
決して交わらない 逆さ合わせの【運命(さだめ)】/絕對不會交錯的 顛倒貼合的【命運】
「君がくれたもの、僕は返すだけ」/「我只是將你給予的東西還給你而已」
君の笑顔も涙も 僕はずっと忘れないよ/無論你的笑容或眼淚 我一直都不會忘記呦
だから君も僕の事/所以對我的事情也
どうかずっと 忘れないで/懇請你 請永遠不要忘記

このままでずっと いられたらよかった/如果能保持這樣子一直 待在你的身邊就太好了
魔法なんてなくても あなたの側に居たい/即使沒有魔法什麼的 也想待在你的身邊
だから、もう一度此処に会いに来て/所以,請你再一次來到這裡跟我相會好嗎
古ぼけたこの鏡を いつも磨いて待ってる/我一直會將古老蒙塵的這面鏡子擦拭著等待著
どんなに時が経っても/即使越過了多久的時間
ずっと君をただ/僅僅只是一直

待ってる/等待著你

魔法の鏡 (feat. 鏡音リン、鏡音レン)

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:ひとしずくP   作曲:ひとしずくP

魔法の鏡

作詞:ひとしずくP
作曲:ひとしずくP
編曲:ひとしずくP・やま△
唄:鏡音リン・鏡音レン

天井裏の 狭い小さな部屋/屋頂之中 狹小的房間
そこには誰も 訪れたことはない/在那裏無論是誰也不會來造訪
孤独な世界の真ん中で そっと/在孤獨的世界正中央 靜靜地
幸せを夢見てる 儚い少女/一直夢想著幸福的 脆弱的少女

ある日のことです/這是某一天的事情
古ぼけた鏡に 突然映った少年の姿/從老舊蒙塵的鏡子中 突然間映照出來的少年的樣貌
魔法使いと名乗ったその人は/自稱為魔法使的那個人
私にそっくりな笑顔で笑う/用著與我十分相像的笑臉笑著

廻り始めた運命 変わり出す日常/開始迴轉的命運 開始出現變化的日常
初めてできた、「友達」って呼んでいいの!?/第一次交到的、我可以將其稱為朋友嗎!?
戸惑いながら鏡越し 重ねた瞬間に始まる/不知所措的同時越過鏡子 於手指交疊的瞬間開始的
魔法の時間/魔法的時間
「名前を呼んで?」/「可以叫我的名字嗎?」

触れたその手から 伝わる君の声/從碰觸著的那隻手 傳來的你的聲音
暖かくて、不意に涙がこぼれ落ちた/很溫暖,不知不覺地眼淚就掉落了下來
このままでずっと 握っていていいの?/就保持這樣子 一直握著可以嗎?
寂しい世界で一人 ずっとずっと、待っていた/在寂寞的世界中一個人 一直一直等待著的
鏡の向こうの 優しい手/鏡子的那一側的,溫柔的手

魔法使いは全てを叶えてくれた/魔法使全部都幫我實現了
病気は治って 歩けるようになった/治好了我的病 變得能夠走路了
長く続いた 戦争も終わって/持續了許久的戰爭也結束了
静かなこの部屋に 笑いが増えた/安靜的這個房間 笑聲也增加了

昔夢に見た 幼い日の記憶/以前在夢中看到的 小時候的記憶
素敵なお城で私はお姫様/在非常棒的城堡裡我是公主殿下
懐かしいくらいに 鮮やかに覚えてる/非常懷念地鮮 鮮明地記起來了

今では、それさえも 現実になる?如果是現在的話,即使是那樣的事情 也會變成現實
夢見た願いは 全て叶えてもらった/夢想的願望 全部都能替我實現
だけど今、何かが足りないと感じてる/但是現在 總感覺好像有什麼不足的感覺
それは今目の前にいる あなたにしかできない、【魔法】/那就是現在在我的面前 只有你能做到的【魔法】
「この手をずっと、離さないでいて・・・」/「請永遠不要放開這雙手・・・」

このままで ずっといられますようにと/就保持這樣子一直待在我身邊這樣
他の誰でもない、あなたに願うから/不是其他的哪個誰、是向你許願的緣故
だから、今すぐに 此処に会いに来て/所以、現在馬上 請來這裡見我好嗎
寂しくて眠れないよ 優しく名前を呼んで?/因為寂寞而睡不著呢 溫柔的叫著我的名字好嗎?
いつでも、私は待ってるよ/無論何時 我都等待著呦

魔法の時は早すぎて/魔法的時間過的太過快速
孤独な少女の【夢】は現実になる/孤獨的少女的【夢】變成了現實
「もう、行かなくちゃ・・・」/「我已經不走不行了・・・」
「行かないで」/「不要走」
「魔法が、解けてしまう」/「魔法已經要解開了」
「お別れ言わなくちゃ」/「不得不說再見了」
「言わないで・・・」「不要說・・・」
「お願いだから、泣かないで」/「拜託你了,不要哭」
「行かないで」/「不要走」

鏡の向こうは 【全て逆の世界】/鏡子的那一側 是【完全顛倒的世界】
決して交わらない 逆さ合わせの【運命(さだめ)】/絕對不會交錯的 顛倒貼合的【命運】
「君がくれたもの、僕は返すだけ」/「我只是將你給予的東西還給你而已」
君の笑顔も涙も 僕はずっと忘れないよ/無論你的笑容或眼淚 我一直都不會忘記呦
だから君も僕の事/所以對我的事情也
どうかずっと 忘れないで/懇請你 請永遠不要忘記

このままでずっと いられたらよかった/如果能保持這樣子一直 待在你的身邊就太好了
魔法なんてなくても あなたの側に居たい/即使沒有魔法什麼的 也想待在你的身邊
だから、もう一度此処に会いに来て/所以,請你再一次來到這裡跟我相會好嗎
古ぼけたこの鏡を いつも磨いて待ってる/我一直會將古老蒙塵的這面鏡子擦拭著等待著
どんなに時が経っても/即使越過了多久的時間
ずっと君をただ/僅僅只是一直

待ってる/等待著你