花へ辿る糸 (feat. 初音ミク)

作詞:糞田舎P    作曲:糞田舎P

漂う白雲は溶けるように
境界線を崩して続く青の中
水面に映る花 儚げに微笑みかける
枯らしてしまう その日まで

塞いだ声に絡んで
紡いだ想い解きほぐれ
散らばる糸を集め
君へ辿っていった

飾りぬ花簪折れて
揺れ靡きふわり頬を掠めた
捲く裾霞み 遥か遠く歩んで来た
空を越えて

移ろう街並に根を下ろす
天を刺すまで繰り返し芽吹く雪の中

暗がり月を浴びて
散る葉に季節感じ
閉じ行く蕾のように
君もここへ還るのだろう
願った

見失いそうな細い光の筋へ
手繰り寄せて道標
崩れそうな甘撚りな君の腕を
失くさないように

届かぬ指掠めて消える
夜嘆き終わり朝迎えた
まだ温もりが残り
飾りぬ花簪折れて
揺れ靡きふわり風に舞った
春 夢吹雪
遥か遠く