星降る夜のこと (feat. GUMI)

作詞:バルP    作曲:バルP

通り過ぎた過去形 取りだして 並べて
数えている 静かな部屋

少しだけ冷たい 心の形を
なんとなく 言葉に してみる

揺らいでる気持ちを 見透かされてるみたい
乾いた風 冷えた窓辺

何も知らないよ そう言って ひたすら
刻み続けてる 懐中時計

そこは 何もかも くすんだ
色に染まる 時代
一人じゃ寂しい 誰もが皆
溶けて 消える 欠片たち

星降る夜のこと 君が恋しくて
目を閉じて 傍に感じていたよ
触れられない距離が あまりにも遠く
灯り消しても 眠れないよ

どんな形でも 心の居場所が
当たり前のように あるのが幸せ
かけがえのない物 失って初めて
気づいてしまうのが 不幸せ

君が そばにいてくれること
笑いあうこと 愛すること
こんなに 長い夜には 心がほら
あの日のように 疼きだす

二人手をつないで 歩いた月日は
幾億の 砂の記憶みたいで
小さな掌に 私はどれだけ
確かな物を すくえるだろう

今も 始まりの場所から 終わりまで続く
君と見た 星空を覚えてる
あの日君がくれた 約束の意味が
こんなにもまだ 消せないんだ

暮れゆく空も 繰り返す朝も夜も
君のとなりで見ていたい

星降る夜のこと 君が恋しくて
目を閉じて 傍に感じていたよ
何度でも願うよ 君に会いたいよ
祈りが 届くように

星降る夜のこと 君が恋しくて
目を閉じて 傍に感じていたよ
触れられない距離が あまりにも遠く
灯り消しても 眠れないよ

そして また足を運んだ 真夜中の公園
この場所は 今日も星が綺麗で
こらえきれなかった 涙が零れて
あの星空に 溶けていく

夢を見させてよ流れ星 向こう岸まで連れてってよ箒星
こんなにも広い 世界の真ん中 廻ってる

今日も輝く星の海は 遠くで眠る君のとこまで
続いてるかな・・・ 届いているかな・・・