あのアーティストの未来を切り開いた 最強の開運ソング

J-Pop Highlights News
山本雅美

2021年が始まりました。密を避けるために初詣の分散参拝も推奨され、今年の初詣はこれからという人もいるのではないでしょうか。そんなみなさんに聴いてもらいたのが、いろんな苦労をしてきたアーティストたちがブレイクした曲たち。きっとその曲には見えないパワーが宿っているのではないでしょうか。今回はそんな曲を「開運ソング」認定し、みなさんにご紹介します。日々のご利益があるプレイリストを是非みなさんのお気に入りにしてみてください。


「猫 」/ DISH//



俳優として大ブレイク、映画・ドラマで大活躍の北村匠海。その北村匠海がボーカル&ギターを担当する4人組ダンスロックバンドがDISH//です。実は今年でグループ結成10年を迎えるキャリアを持っています。結成当初はエアーバンドと揶揄されながらも、2019年にはグループ史上最大規模となる野外ライブ「DISH// SUMMER AMUSEMENT'19[Junkfood Attraction]」を富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催するなど揺るぎない人気を得ています。しかし何故か大型音楽番組への出演の機会には恵まれませんでした。そんなDISH//に思いがけないきっかけが訪れたのです。2017年8月にシングルのカップリングとして発表され、ファンの間では人気が高かった「猫」(あいみょん作詞/作曲)が、アーティストによる一発撮りによる動画プロジェクト「THE FIRST TAKE」で2020年3月に公開されます。


出典元:YouTube(THE FIRST TAKE)

すると「猫~THE FIRST TAKE ver.~」は約4か月で3,000万再生を達成、各音楽ストリーミングサービスでロングランチャートインを記録し、2020年を代表する曲になっていきました。そして遂に2020年12月25日放送の「ミュージックステーション ウルトラSUPERLIVE2020」に初出演を果たしました。この時のことを北村匠海は自身のSNSで「何てこったい。ビックリだね 今日呑むビールは、最高な予感がするのです」とコメントしています。 これからのDISH//にとってまさしくエポックメイキングとなったこの曲から、私たちも少しでもご利益にあやかりましょう。


「今宵の月のように」/ エレファントカシマシ

出典元:YouTube(ponycanyon)

ロックシーンのフロントを走り続けるエレファントカシマシ(以下 エレカシ)ですが、1994年に6年間所属していたエピックソニーとの契約が打ち切り、所属事務所も解散となる憂き目にあいます。無所属で活動していた厳しい時代にできた曲で、その後のエレカシがブレイクするきっかけともなった曲が、1996年4月にリリースされた「悲しみの果て」です。そして翌年にはドラマ『月の輝く夜だから』の主題歌に「今宵の月のように」が起用されるなど大きな上げ潮に乗ったエレカシ 。「今宵の月のように」はなんと80万枚を超える大ヒットとなり、その後のエレカシの運命を切り開くことになります。「悲しみの果て」「今宵の月のように」両方とも、間違いなくご利益ソングに認定です!


「チョコレイト・ディスコ」/ Perfume

出典元:YouTube(Perfume)

いまやワールドワイドに活躍するPerfumeもブレイクするまでに長い道程がありました。2002年広島限定のローカルアイドルグループとしてデビュー、その後上京し、大手音楽事務所に所属します。秋葉原でのイベントや小規模のライブやイベントなど活動の場を徐々に広げ、一部のアイドルファンから支持されながらもCDセールス的には芳しくなく、ファンの間では「解散するのでは?」という憶測なども呼びました。その転機は徳間ジャパンとのメジャー契約後、中田ヤスタカが音楽プロデューサーとして参加、現在に至るPerfumeの原型を作っていきます。 大きなブレイクのきっかけとなったは2007年にリリースされた「ポリリズム」なのですが、その前にこんな出来事がありました。当時も女性層から高い人気の木村カエラが自身のラジオでPerfumeを絶賛!「チョコレイト・ディスコ(2007年2月14日リリース)」をかなりレコメンドしたことがきっかけで、これまでと違う人たちにPerfumeが浸透していったのです。木村カエラ、そして「チョコレイト・ディスコ」が、Perfumeの開運の始まりだったのです。


「Walking with you」/ Novelbright

出典元:YouTube(Novelbright)

「第62回日本レコード大賞」 新人賞を受賞し、2021年7月には大阪城ホールでのワンマンライブが決定するなど、いま一番勢いのあるバンドがNoverlbright。SNSを巧みに活用してブレイク!というイメージが強いのですが、それまでの道筋は簡単なものではありませんでした。竹中雄大(Vo)を中心として2013年に結成されますが、その後は5年間に渡り地道に自主制作活動を続け、ようやく初の全国流通盤CD『SKYWALK』がリリースされたのは2018年10月のことです。そんな矢先にバンドリーダーであった勇太郎がバンドを脱退するという危機を迎えます。そんな中で彼らはNovelbrightをいろんな人に直接伝えていこうという原点に立ち返り路上ライブを積極的に展開。このライブ動画をSNSで積極的に活用していったのが、2019年1月にバンド加入したばかりの圭吾(B)。自身でアパレルブランドを運営し、SNSに長けたスキルがバンドに新しい風を吹き込みました。彼らの「Walking with you」はSNS、口コミを通して話題が加速度的に広がり、各地の路上ライブでは1,000人を超える規模のファンを集めるようになったのです。彼らのサクセスストーリーの始まりである「Walking with you」は、新たな導きを示してくれるようなご利益にあやかれるのではないでしょうか。


「U.S.A. 」/ DA PUMP

出典元:YouTube(avex)

DA PUMPは1997年にデビュー、当時のダンスミュージックムーブメントもありデビュー直後から大ブレイクします。1998年には「NHK紅白歌合戦」に初出場、その後2002年まで連続出場するなどお茶の間の顔としても定着していきました。しかしその後、ヒット曲に恵まれない時期が続き2006年に活動を休止。2008年に新生DA PUMPとして活動を再開してからも、ショッピングモールで無料イベントを行うなど新人のような地道なプロモーションをしていきました。2014年に現在の7人体制となりシングル「New Position」をリリースしますが、このあと3年8ヶ月に渡り新作リリースから遠ざかります。もはや万事休すのタイミングで発表されたのが、この「U.S.A.」だったのです。時代の寵児となりながら、その後不遇な時期も味わったDA PUMP。まさに「U.S.A.」は起死回生の運を秘めた楽曲と言えるでしょう。


「歩き続ける限り」/怒髪天

出典元:YouTube(Dohatsuten)

アーティストであるなら必ず夢見る、音楽の聖地・日本武道館。これまでに数多くのアーティストがこのステージに立ってきました。その中でも“史上最遅武道館公演”と謳われたのがロックバンド・怒髪天です。1984年に結成するも1986年に一時解散し再スタート。1991年に日本クラウンよりメジャーデビューしますが1996年に再び活動を休止します。そして3年の時を経て1999年にインディーズに戻り活動再開。2004年にインペリアルレコードより再メジャーデビューという紆余曲折のロック人生を歩んできました。バンド結成23年目の2007年に「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に初めて出演を果たします。その後、独特なロックサウンドとバンドキャリアの評価が高まり、遅まきながらロックシーンに欠かせない存在となっていったのです。そして苦節30年、2014年1月12日に初の日本武道館公演「怒髪天結成30周年記念日本武道館公演“ほんと、どうもね。”」を開催となりました。この日本武道館公演本編のラストで披露した「歩きつづけるかぎり」「雪割り桜」は、諦めずに頑張れば夢を実現できるんだと感じさせてくれる力があります。


「メリーアン」/ THE ALFEE

半世紀近く活動を続けるTHE ALFEEは坂崎幸之助、桜井賢、高見沢俊彦の3人からなる大御所ロックバンドです。気さくなキャラクターが受け、熱心なファン以外にも愛されるグループとなっていますが、そんなTHE ALFEEもデビュー後しばらくは苦難の連続でした。1974年にビクターからデビューするも1年後には契約解除、その後は様々なアーティストのバックバンドや、小さなライブハウスでの活動を地道におこなっていました。そしてようやく1979年にキャニオンレコードから再デビューにこぎつけます。その後は着実にファンを増やし、まだ大きな代表曲がない中で挑戦的とも言える日本武道館公演を1983年8月に開催します。



この日本武道館公演に先駆けてリリースされたのが「メリーアン」。ノンタイアップながら日本武道館公演に向けてセールスチャートが上昇、公演後の9月には初のオリコンチャートTOP10入りを果たします。そしてこのヒットが『NHK紅白歌合戦』への初出場に結びつきます。信じる心を持ち、新しい扉を開いた曲、それが「メリーアン」なのです。その後のTHE ALFEEはヒット曲を連発、日本の音楽シーンに大きな爪痕を残すまでに至ったのでした。

時代は変われどアーティストが大きくブレイクするタイミングには神がかり的な曲があります。そんな曲を聴くことで開運の御利益があるかもしれません。


山本雅美

ainone合同会社 代表/プロデューサー ビクターエンタテインメント/A-Sketch/KKBOX Japanで幅広く音楽ビジネスを担当、現在は音楽専門インターネットラジオのプロデューサーのほか、多摩川沿いの街で音楽フェスなどを開催。また写真家として国内・海外でのエキシビションに出展。

Related Albums