新しい音像世界をつくるUtaeとは何者なのか?

  • 邦楽
KKBOX編集室

ボーカル、作詞、作曲、トラックメイキングをすべて自ら担当するUtae。さらにはモデルやラジオパーソナリティーとしても活躍するということで、これから最注目のスーパー才女と言っても過言ではないでしょう。宅録を基調としたベッドミュージックでありながら、どこかその世界観は宇宙規模の広がりを見せるようなでもあり、一度足を踏み入れるとすぐに吸い込まれてしまう彼女の音楽。


Utae「Dystopia」

出典元:(YouTube:PURRE GOOHN)

Utaeの楽曲「Dystopia」に出会い、その小宇宙的な音像世界に引き込まれ、自分の ミュージックライブラリーの中で、今年二番目に再生した楽曲となっている。 Utae とは何者なのか、という関心から Utae 自身の言葉を聞きたくなった。

▼インタビュー/写真:KKBOX 山本雅美

KKBOX:ミニアルバム『toi toi toi』はレコーディングされてから一年以上経過しました。いま客観的にUtaeさん自身にとってどのような作品として捉えていますか?
Utae:『toi toi toi』は私にとっての名刺がわりのようなアルバムです。「私はこういう こともできるんだよ、どうですか?」という宣言みたいな。それまでは、その時の勢いで作ったり、サンクラ(=SoundCloud)で公開している音源は気軽に聴いてもらえるアップロード用という感じでした。今回は最初から販売をすることが前提だった ので、制作にはかなり気持を込めてみました(笑)。

KKBOX:アルバムの1曲目に収録されている「Dystopia」は日常と非日常の狭間の揺 らぎが見事に音像化されています。
Utae:楽曲制作していた頃、実は入院していたんです。「Dystopia」はベッドの上でカ タカタと作っていたから、そんな感じがでているのかもしれません(笑)。もともと考えて曲を作るタイプではないので、たぶん無意識に隔離されている感じなんです。

KKBOX:隔離感ですか(笑)。「Dystopia」でさらに興味深いのはリアルな言葉として認 識できないUtaeさんのボーカルの言葉です。タイトルと繋がり、なにか“祈り”のようにも聴こえました。


Utae:自分の心の想いとかを言葉で届けたいという執着心がなかったんです。歌詞は あるんですが、ほとんど独り言みたいな感覚でその時の気分を繰り返しています。だから聴き流して欲しいなと思って、ほとんど聴き取れないぐらいに音の一部のように滲ませたかったんです。

KKBOX:それ、ドキッとします。言葉があったんですね。だから“祈り”のように感じたのかもしれません。
Utae:2曲目の「Akashic Records」も歌詞という感じじゃなく一回でも思い浮かんだ言葉をレコーディングしました。だから脳内の思考を通してないありのままの言葉というか、その瞬間の感覚をのせてるという感じですかね。私にとって言葉はあくまで音楽の構成要素の一部なんです。

KKBOX:そんなUtaeさんに影響を与えた音楽ってなんだったのですか。
Utae:うーん、小学2年生ぐらいの時にエンヤを聴いて、重なった歌声に衝撃を受け たんです。自分も自分の声を重ねたいと。それが「多重録音」という方法だということを知って、その言葉がずっと自分の中で大きく残ってました。

KKBOX:幼い頃から、興味の向き方がすごいですね。
Utae:中学生になると YUI が大好きになり、自分もギターを弾きはじめたりしました。 PCのボイスレコーダーで自分の声だけでなくギターの音や、周りにあるいろんな音を拾い集めて音を重ねてみたんです。そしたら「あ、重ねるの超楽しい!」 って感じでのめり込みました。それが曲を作った最初です。

KKBOX:やっと「多重録音」が実現したんですね(笑)。それでは、これからのUtaeさんを、ご自身でどのようにイメージしていますか。
Utae:いまはDTMで誰でも曲は作れるし、人工知能とかもすごい音楽作っちゃうじゃないですか。だから音楽だけじゃなく、映像や写真や言葉、そのほかにも様々な表 現手段をひとまとめにしたUtaeになっていたいです。
宅録というフィールドから飛び出し、若い人たちだけでなくいろんな世代の人にアクセスしていきたいし、自分の作品を特別なものにしたいですね。

KKBOX:最後に。いま音楽以外で関心あるものはなんでしょうか。
Utae:『科学』と『宇宙』です。量子力学の本を読むとワクワクするんです(笑)。


KKBOX編集室

KKBOX Japan編集室

ギャラリー