今をときめくレーベル<Playwright>とは? 大晦日には年越しイベントを開催!

邦楽 ジャズ 総合 特集
森田美喜子

ジャズシーンの枠を越えた存在感を放つアーティストが多数所属する新進気鋭のレーベル<Playwright>“脚本家”を意味する英単語を冠したこのレーベルは、2012年の発足以降なんともドラマチックな成長を続けています。今回は、ジャズになじみのないJ-POPリスナーや、ロックファンにもリーチする間口の広いセンスを備えたアーティストたちをご紹介しましょう。

パンクやポップスを気持ちよく横断する感性が光る

(YouTube: Playwright公式チャンネル) レーベルの看板ともいえるピアノ+ベース+ドラム編成の3人組。清冽なピアノ・サウンドが目印で、ドラマ『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』の劇伴なども務めている。2015年は3枚のアルバムを発表。「ボーン・スリッピー」や「バスケット・ケース」といった洋楽の人気曲を、自分たちらしいエモーショナルかつ美麗な音色で表現した『COVERMIND』も、曲のチョイスに対する気張らない等身大感も含め話題となった。

グルーヴィかつメロディアスな楽曲で魅了、若手ジャズバンドの筆頭

(YouTube: TruestarChannel) 背景にネオソウルやヒップホップも感じさせるギター、ピアノ、ベース、ドラム編成をベースにした、横浜発の4人組。2012年に2ndアルバム『SCENES』の特大ヒットで、シーンの前線へと躍り出た。昨年リリースされた3rdアルバム『Aromatic』も、熱さとクールさを兼ね備えた一緒に歌いたくなるメロディが満載だ。

キャリア10年超のベテランも<Playwright>からリリース

(YouTube: orangepekoe Japan) ボサノバ、ジャズ、ラテンやソウルなどをJ-POP的な親しみやすいポップにまとめあげ、日本ならではのクロスオーバー・スタイルを体現してきたOrange Pekoe。デビュー以来のキャリア13年になるベテラン音楽ユニットである彼らも、最新アルバム『TRIBUTE TO ELIS REGINA トリビュート・トゥ・エリス・レジーナ』を同レーベルからリリースしている。

華やいだフロアの空気を伝えるユニット

(YouTube: Playwright公式チャンネル) 大阪を中心に多数のビッグパーティを手掛けるDJ櫻井喜次郎と、Quasimodeのパーカッショニストとして各所でDJとしても活躍する松岡“Matzz”高廣、BLU-SWINGのキーボード、プログラマーとして活躍する中村裕介を中心とするユニットTres-men(トレメン)フロアやライヴ現場の動向を知り尽くした3人が発信する次世代のダンス・ミュージックは、国内外のDJ達の間でも頻繁にスピンされ、旋風を巻き起こしている。

確かな技術に裏打ちされた艶めきと躍動のジャズサウンド

(YouTube: Playwright公式チャンネル) テクニカルなプレイで、オーセンティックなジャズの艶かしさと、現代的なダンス・ミュージックのエッセンスが織り交ざる“踊れる”ジャズサウンドを、力強く繰り出す5人組、TRI4TH(トライフォース)。10月に最新アルバム『AWAKENING』を発表したばかり。

心地よく、カラフルなR&B/ヒップホップ経由の新感覚ボサノバジャズ

(YouTube: IBBch) なごみのひととき~ラグジュアリな空間もハマる、ジョイフルなボサノバジャズを届ける6人組。R&B/ヒップホップを通過した世代ならではのフックが随所にちりばめられており、独自にはぐくんできたソウルフルなグルーヴがカッコいい。 <Playwright>を代表する6アーティストを駆け足で紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。軽やかにシーンの枠をとび越え、磁場を生み出しつつあるレーベルの個性は、一聴いただけで伝わるのではないでしょうか。12月31日には、レーベル所属のアーティストに加え、今後リリースを予定しているアーティストが勢揃いする、カウントダウンのスペシャルイベント「JAZZ JUNGLE」も渋谷JZ Bratで開催されます。今旬レーベルの音に包まれての年越しも素敵ですね! イベント情報は公式サイトで随時更新されていますので、ぜひチェックしてみてください。

森田美喜子

岐阜県生まれ。フリーライター・エディター。 CD店勤務、音楽雑誌&WEB編集を経てフリーランスに。 趣味は洋楽カラオケ。

関連アルバム