アデル、サム・スミスに続くか!? 英BBCが選ぶ2016年期待の新人たち

洋楽 総合 特集
森田美喜子

イギリスの公共放送局BBCが、今年ブレイクが期待される新人アーティストのリスト「Sound of 2016」を発表しました。 音楽関係者などの投票により順位が決定される「Sound of」は、2008年にアデル、2011年にジェシー・Jを、2014年にはサム・スミス、昨年はイヤーズ&イヤーズを選出していて、1位を受賞したアーティストは実際に高い確率でブレイクを果たしています。名実ともにスター予備軍の登竜門といえるリストですが、今年はどんなアーティストが選出されたのでしょうか。 全15組の候補のなかから1位に輝いたのは、イギリス出身のシンガー・ソングライター/プロデューサーであるジャック・ギャラット(Jack Garratt)。ギター、ドラム、ピアノなど多数の楽器を奏でるマルチプレイヤーでもあり、髭が目をひくアーシーなルックスとは裏腹に、爽やかなポップスを奏でます。

(YouTube: JackGarrattVEVO) 2位に選ばれたのはカナダ出身の女性アーティスト、アレッシア・カラ(Alessia Cara)。2015年末に発表したデビュー・アルバム『Know-It-All』はすでに全米チャートで9位を獲得しており、同作収録の「Here」を米ローリング・ストーン誌は2015年のベストシングル企画にて21位に選出しています。同時に弱冠19歳らしいフレッシュさと、生来備わった貫録が入り混じる歌声の味わいが魅力です。

(YouTUbe: AlessiaCaraVEVO) 3位はロンドン出身のシンガー・ソングライター、ナオ(NAO)。妖艶で清涼な歌声はエレクトロやモダンなネオソウルのトラックとの相性抜群で、同リストで5位に選出されたエレクトロ・ミュージック系ソングライター/プロデューサー、ムラ・マサ(Mura Masa)の「Firefly」にフィーチャーされているほか、ディスクロージャーの『カラカル』収録の「Superego」にゲスト参加しています。

(YouTube: BBC) 4位にはマンチェスター出身の5人組サイケデリック・ロック・バンド、ブロッサムズ(Blossoms)が選ばれています。また5位にはムラ・マサに加え、今年はウェストロンドン出身の3人組R&B/ヒップホップ・ユニットであるウェスタン(WSTRN)も同率で選出されています。

(YouTube: BlossomsVEVO) KKBOXではジャック・ギャラットやアレッシア・カラなど、上記6組の関連楽曲プレイリストを記事とともにご紹介しています。その真価をぜひチェックしてみてくださいね。

森田美喜子

岐阜県生まれ。フリーライター・エディター。 CD店勤務、音楽雑誌&WEB編集を経てフリーランスに。 趣味は洋楽カラオケ。

関連アルバム