永遠のチャットモンチー 〜胸に残る裏名曲7選〜

  • 邦楽
  • 総合
  • 特集
森朋之

2018年6月に発表されたアルバム「誕生」、7月4日に行われた日本武道館ワンマンライブ、そして7月21、22日の主催フェスをもって“完結”したチャットモンチー。3ピース・バンド→2ピース・バンド→外部ミュージシャンとのコラボレーション→打ち込みと時期によってスタイルを大きく変化させながら、刺激的にしてポップな音楽を生み出し続けてきた彼女たちの(チャットモンチーの音源ベスト『BEST MONCHY 1 −Listening-』には収録されていない)知る人ぞ知る名曲を紹介!


「ツマサキ」

2005年にリリースされた、メジャーデビューミニアルバム『chatmonchy has come』に収められた「ツマサキ」は、恋愛が始まったばかりの時期の切なさ、瑞々しさを生き生きと描き出したミディアムチューン。天然のオルタナティブと称すべきバンド・サウンド、橋本絵莉子(Vo&G)、福岡晃子(Ba)、高橋久美子(Dr)による切れ味のいいグルーヴ、ポップで愛らしいメロディなど、初期のチャットモンチーの粗削りな魅力が凝縮されたナンバーだ。


「ウィークエンドのまぼろし」

シングル「恋愛スピリッツ」「恋の煙」を含む1stフルアルバム『耳鳴り』のなかで、ロックバンドとしての魅力をもっとも強く体感できるのが、「ウィークエンドのまぼろし」。美しいディストーション・ギター、単純な8ビートを超えた独創的なリズムを生み出すドラム、骨太なフレーズで楽曲のボトムを支えるベース。セオリーに捉われることなく、常に斬新なサウンドを求めた3人の意志がたっぷりと込められた楽曲だと思う。

「長い目で見て

3ピース・バンド時代の最初の頂点とも言える3rdアルバム『告白』に収められている「長い目で見て」は、メンバー全員がメインボーカルを取る異色の楽曲。高橋、福岡、橋本の順番で“長い目で見てよ もっと”と同じフレーズを歌うことで、この歌詞に込めた思いが3人3様の表情で伝わってくる。サイケデリックな雰囲気のサウンドと相まって、チャットモンチーのキャリアのなかでももっとも個性的なナンバーの一つだろう。


「青春の一番札所」(AWA COME)

彼女たちの地元である徳島でレコーディングされたミニアルバム『AWA COME』に収録されたこの曲の歌詞には、“阿波踊り”“鳴戸の海”“眉山”など徳島にまつわるワードがちりばめられている。学生時代を懐かしく振り返りながら、“変わりゆく時代と人”に思いを馳せる、切なくも楽しい楽曲だ。“すだち酒で乾杯!!”というサビのフレーズとともにコップを合わせる音が入っているのもかわいい。


「ウタタネ」

橋本、福岡の2ピース体制になって初めてのアルバム『変身』は、福岡がドラムを演奏するという大胆なシフトチェンジのほかに、サウンドメイクにおいても大きな変化を遂げた作品でもある。「ウタタネ」ではジム・オルーク(シカゴ音響系の最重要アーテイストのひとり)がレコーディング・エンジニアを担当。楽器本来の響きを活かしながら、繊細なノイズを交えたサウンドが、心の安定を求めようとする切実な思いを描いた楽曲の世界を引き立たせている。


「例えば、」(西加奈子/作詞) 

恒岡章、下村亮介(“男陣”)、北野愛子、世武裕子(“乙女団”)を招いて制作されたアルバム『共鳴』。常に新たな表現を求めてきたチャットモンチーだが、このアルバムに収められた「例えば、」は小説家の西加奈子が歌詞を担当している。深いところでつながった“僕ら”の在り方を描いた言葉のひとつひとつを丁寧に描き出し、じんわりとした感動を呼び起こすこの曲からは、西に対する強いリスペクトが伝わってくる。


「砂鉄」

全編打ち込みによる”チャットモンチー・メカ”スタイルで制作されたラスト・アルバム『誕生』に収められた「砂鉄」の歌詞は、2011年9月にバンドを脱退した高橋久美子のペンによるもの。“同じクラスだったら 友達にはなってないだろうな”という一節から始まるこの歌には、友達でも家族でもない、メンバー3人だけの特別な関係が素朴な言葉で綴られている。最後のアルバムにこの曲が存在していることは、メンバーにとってもファンにとっても大きな意味があるはずだ。


決まったスタイルにこだわらず、そのときどきの興味や“おもしろい!”と感じる方向に突き進みながら個性と普遍性を併せ持った作品をクリエイトし続けてきたチャットモンチー。デビューからの13年を一心不乱に駆け抜けた彼女たちの楽曲は、この先も多くの音楽ファンを魅了し、下の世代のバンドに大きな影響を与え続けることになりそうだ。


森朋之

音楽ライター/’00年頃からライター活動をスタート。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。個人的に好きなジャンルは、ストーンローゼズ、オアシス、プライマルスクリームなどのUKロック。

関連アルバム