イントロで涼しさを感じるメロウでポップな夏ソング

  • 邦楽
藤田 太郎

毎回、歌がはじまる前の前奏部分である「イントロ」にフォーカスして曲を紹介するプレイリスト。今回は「イントロ」を聴くだけで涼しい風を感じる夏ソングを紹介します。知っている曲でもイントロに注目した聴き方で新しい発見があるかもしれません。その点に注目して聴いてほしい4曲を紹介します。


わたがし / back number

出典元:YouTube(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

男性3人組ロックバンド、back numberが2012年にリリースした6枚目のシングル。
イントロはシンプルなピアノのメロディが7秒。好きな女の子をお祭りに誘った男の子が、どうやって距離を縮めればいいか悩んでいる心情と、「日本のお祭り」ならではの独特な色彩を重ね合わせた美しく儚い夏のメロディに感じませんか?


Summer Soul / cero

出典元:YouTube(KAKUBARHYTHM)

ceroが2015年にリリースしたアルバム『Obscure Ride』に収録されたリード曲。
イントロで鳴り響くフルートが、熱い夏の夜に吹く涼しい風と、何かが始まりそうな高揚を感じさせます。アーバンな雰囲気と何度聴いても飽きない洗練されたメロディを持つこの曲は発売されてから4年以上経つ今でも、夏の名曲としてとても人気が高い1曲です。


夏夜のマジック/ indigo la End

出典元:YouTube(indigo la End Official YouTube Channel)

ゲスの極み乙女。のフロントマン、川谷絵音がボーカルを務めるバンドindigo la Endが2015年にリリースしたシングル「悲しくなる前に」のカップリングとして収録された曲。
イントロは、切ないコーラスの残像に重なって鳴り響くスローテンポのギターソロのリフレイン。スイートな気持ちになれる1曲です。


君がくれた夏 / 家入レオ

出典元:YouTube(家入レオ)

高校生の青春を描いた月9ドラマ『恋仲』の主題歌に起用された、2015年リリースの10枚目シングル。イントロはギターとピアノが優しいメロディを奏でるアンサンブル。高校を卒業し次の進路へ進んでいく中で起こる甘酸っぱい、センチメンタルな恋愛を表現しているかのように聴こえます。

抜粋して4曲を紹介させていただきました。
これらの曲以外にも、涼しい風を感じるメロウでポップな夏ソングをプレイリストでピックアップしました。是非、イントロに注目し、熱い夏をクールダウンしてください。


藤田 太郎

「30,000曲のイントロを0.1秒聴くだけでわかる男」イントロマエストロ/フジテレビ『99人の壁』に出場し、ジャンル「90年代J-POP」でグランドスラム達成。24時間イントロクイズ連覇、『マツコの知らない世界』、『ひみつのアラシちゃん』、『ももいろクローバーZのSUZUKI ハッピー・クローバー!』等、20を超えるテレビ、ラジオ番組に出演し「イントロ」という切り口で楽曲をポップに紹介している。

関連記事