時代が追いついた!? 千葉のカリスマ、ジャガーさん

  • 邦楽
齋藤奈緒子


千葉といわれてあなたが想像するのは、東京ディズニーランド? ふなっしー? それともチーバくん? いやいや、やっぱり「ジャガー」さんでしょう! アラサー以上の千葉県民なら知らぬ者はいない伝説の存在、あの超有名バンドたちの「恩人」であり、マツコ・デラックスと村上信五(関ジャニ∞)司会の大人気深夜バラエティ『月曜から夜ふかし』でも、現在大フィーチャー中。「えっ、それ誰? 」というあなたのために、千葉の生ける重要文化財、ジャガーさん伝説をお届けします!

ジャガー星からやってきた 



(画像:Twitterより引用)
ジャガー星から宇宙船ジャガー号でやってきた(宇宙船は鋸山の洞窟スタジオに隠している)。地球上の仮の姿は、洋服直しチェーン店などを展開している実業家。HPやFacebook、Twitterアカウントもあり、ファンと気さくに交流。悩み相談で「東京ディズニーランドに行ったことがないんです」という手紙が来た時には、「俺が一緒に行ってやるぜ! ヒューワオ」と言って一緒に行ってあげたらしい。

あのX JAPANやGLAYの恩人


(YouTube: GLAY)

ビジネスで得た潤沢な資金を、ライヴハウス経営やスタジオなどに惜しみなくつぎ込み、駆け出しのミュージシャンたちを雇ったり、ご飯をおごるなど、長年千葉のロックシーンを支えた。下積み時代のX JAPANやGLAY、大槻ケンヂもジャガーさんにお世話になったらしく、X JAPANの故・hideはジャガーさんの経営する美容院などで働いていた。

チバテレで伝説の冠番組


(YouTube: jag uar)

85年から千葉テレビの枠をなんと個人で買い取り、『ハロー・ジャガー』なる冠番組を自ら制作・編集・放送。アシッドなオープニング映像、自作曲とDJによるゴーイングマイウェイな5分間番組を10年以上も放送し続け、マツコ・デラックスはじめ、脳が溶解した千葉県民は多数。『ハロー・ジャガー』は今でもニコ生、Ustream、Youtubeで継続中で、「JAGUARは餃子を食べられるの? 」など、ウィスパーボイスで宇宙のナゾを解き明かしている。

CDもリリース、東京ドームでワンマンライヴ!!


(YouTube: jag uar)

(YouTube: jag uar)

CDもリリースしており、見た目に反して曲はけっこうフォーキー。代表曲は「ファイト! ファイト! ちば! 」「ファイト! いちかわ! 」など。KKBOXにもアルバム『Time Machine』が配信されている。ハーフタイムショーながら、東京ドームでワンマンライヴを行ったうえ、爆風スランプのベースの代役として歌番組にも出演したほどの腕前。

綾小路翔もリスペクト


(YouTube: avex)

氣志團の綾小路翔もジャガーさんを敬愛する一人で、自身がパーソナリティを務める「オールナイトニッポン」にジャガーさんを招待、CDの解説も担当した。

と、すごいところを挙げればキリがない、千葉の英雄ジャガーさん。圧倒的な行動力と愛と財力で疾走するそのキャラに、ついに時代が追いついたか、いま全国区でブレイクの予感! まずは「ファイト! ファイト! ちば! 」からレッツトライ!♪ 帰りに、勝山・保田・木更津の海岸の散歩が楽しかったぜぇ~~!!!
齋藤奈緒子

音楽&カルチャー系ライター。(株)ロッキング・オン勤務後、現在フリー。かわいい女子と枯れたおじさんと80年代カルチャーが大好物。洋楽・邦楽ともに、いま注目のミュージシャンを、最新ゴシップやファッションもからめて楽しくご紹介します!

関連アルバム