10年ぶり開催「GLAY EXPO」の伝説とは

  • 邦楽
柴那典
デビュー20周年を迎えるGLAYが、今年、10年ぶりに大型野外ライブ「GLAY EXPO」を開催する。かねてから発表していたこの公演の全貌を明らかにする特別番組「GLAY EXPOプレスカンファレンス」の生配信が3月25日(火)17時より、ニコニコ生放送、Ustream、YouTubeにて行われることが決定した。

「2014年にGLAY EXPOを東北で開催する」とメンバーが名言したのは、一昨年の夏、10万人を集めた大阪・長居スタジアム2days公演のアンコールでのこと。その際には、「GLAYより7つの約束」として、2012年にシングルを2枚同時リリースすること、2013年に「JUSTICE」「GUILTY」と題したアルバムを2枚同時リリースすること、全国アリーナツアー、海外ツアー、函館野外ライブを実現させることも告げられていた。その時に発表された予定で、まだ実現していないものが、2014年のドーム公演、そして東北で開催される「GLAY EXPO」だったわけである。

過去に3度だけ開催された「GLAY EXPO」は、まさに記録ずくめの内容だった。1999年7月31日に幕張メッセ駐車場特設ステージで行われた「GLAY EXPO '99 SURVIVAL」は20万人を動員し、日本の音楽史上最大動員を記録。その後2001年には「GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION」を北海道、東京、福岡の3会場で開催し28万人を動員。2004年に「GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN THE FRUSTRATED」を開催し10万人を動員した。

特に伝説に残っているのが99年のGLAY EXPO。20万人を動員したこのライブでは、総面積18.5ヘクタール(東京ドーム約4個分)の特設会場に巨大なステージセットが組まれ、数百台のツアーバスや臨時シャトルバスも運行。JRの臨時便も運行するなど、いわば「社会現象」と言えるほどの空前のスケールのイベントだった。チケットが取れずに、会場近くの歩道橋から見る人も多く見受けられた。ライブ終了後、20万人全ての観客が退場したのは、日付が変わった深夜になったという。

その後に開催された各地のGLAY EXPOも、それぞれ北海道、関西圏、九州での最多動員を記録している。今回開催されるGLAY EXPOも、おそらく東北地方の動員記録を更新するのではないだろうか。期待したい。
柴那典

ライター/編集者。1976年生。 音楽に軸足を置きながら、いろんなことを書いています。 主な掲載先:『ナタリー』『nexus』『CINRA』『MUSICA』『marquee』『papyrus』などなど。 http://shiba710.blog34.fc2.com/ twitter:shiba710