「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の世界的大ヒットでおなじみのピコ太郎。なんと、3月6日(月)に日本武道館公演『PPAPPT』を開催します。ジャスティン・ビーバーによるSNSでのツイートをきっかけに、昨年秋から思いもよらぬ世界的大ブレイクを迎えたことは、インターネットにおける拡散力といった可能性を確認することができた嬉しいニュースでした。

出典元:(YouTube:公式ピコ太郎歌唱ビデオチャンネル -PIKOTARO OFFICIAL CHANNEL-)

でも、ピコ太郎のプロデューサーである古坂大魔王の凄さに気がつけていない人には、“たまたまでしょ?”とか“もう飽きた”、なんて声も聞こえてくるかもしれません。

しかし、昨年12月7日にリリースされたアルバム『PPAP』を聴いていると、その類稀なる音楽センスに驚かされました。祝武道館公演ということで、音楽的評価を検証したいと思います。


アルバム『PPAP』の音楽的評価を検証

そもそも、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の原型は、古坂大魔王がお笑いコンビ、底抜けAIR-LINE時代に作ったお笑いネタ「テクノ体操」と言われています。体操服×ミニマルなテクノ。これは坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏によるYMO(Yellow Magic Orchestra)の傑作アルバム『テクノデリック』に収録された「体操」から多大なる影響を受けていることでしょう。ユーモラスな振り付けからも通じるセンスを感じました。

さらに、リズムがループするミニマル・ミュージックな手法に言葉が乗せられる方法論は、電子音楽グループの元祖Kraftwerkによる「Numbers」ですね。それこそ、ユーモラスな音使いや振り付け、言い回しはテクノポップ・バンドDEVO「JOCKO HOMO」からの影響も見受けられます。


リズムマシーンRoland TR-808の存在

音楽的な影響といえば、2017年1月15日放送の音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、クラブ・カルチャーに精通するtofubeatsが、ピコ太郎はテクノやヒップホップ・シーンに多大なる影響を与えたリズムマシーンRoland TR-808を活用していることを指摘したことでバズりました。

曲中印象的なRoland TR-808でのカウベル音使いといえば、ヒップホップ創始に関わった3大DJのひとりAfrika Bambaataaや、Jam & LewisがプロデュースしたChange、Babyfaceなどでも多用されていましたビートです。

番組では、古坂大魔王曰く「もうね。まさにそのまま。もう1個こだわってるのが、カウベルだとアタックが弱くて、実はカウベルの裏に同じくローランドのTR-909のスネアを重ねてるんですね。僕そこスゴイ頑張って作った。この話がしたかったです」(『関ジャム 完全燃SHOW』より)というこだわりだそうです。

ちなみに、スネアにカウベルをかぶせるという発想はデトロイト・テクノから着想であることは間違い無いはず。デトロイト・テクノとは、アメリカのミシガン州デトロイトから発信されるSF風味の強いテクノカルチャーです。


テクノとユーモアの融合

アルバム『PPAP』4曲目には「ネオサングラス」という「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」ブレイク直後にYouTubeで発表された34秒の曲があるのですが、こちらはThe Supremes「You Can't Hurry Love」でおなじみのモータウン・ビートが取り入られています。J-POPでは広末涼子「MajiでKoiする5秒前」でも聴けるシャッフルビートですね。

出典元:(YouTube:公式ピコ太郎歌唱ビデオチャンネル -PIKOTARO OFFICIAL CHANNEL-)

そんなピコ太郎曲で、音楽好きにオススメしたいのが6曲目「べったら漬けが大好き」です。WOWOWで生中継されたグラミー賞特番『生中継!第59回グラミー賞授賞式』で、ピコ太郎が番組に登場した際にTOKIOの長瀬智也がネタにしていた中毒性高いナンバー。テクノポップ調で始まりながらハードコア要素を持つ“今感”あるセンスがたまりません。

17曲目「最終手段」や7曲目「☆スイーツまとめて星になれ☆!」を聴いていると、電気グルーヴの1stアルバム『FLASH PAPA』時代のセンスを彷彿とさせます。世代的にも1973年生まれのプロデューサーの古坂大魔王がテクノとユーモアを融合させた電気グルーヴから多大なる影響を受けていることは間違いないでしょう。テクノポップに詳しい音楽ユニットNIRGILISのライブに、古坂大魔王がゲスト出演していたことを思い出します。

出典元:(YouTube:公式ピコ太郎歌唱ビデオチャンネル -PIKOTARO OFFICIAL CHANNEL-)

ピコ太郎曲で聴いて欲しいナンバーといえば16曲目「ヒヨコ選別」の強烈なインパクトです。9mm Parabellum Bulletのライブのオープニングでも起用されていた、デジタル・ハードコアなATARI TEENAGE RIOTからの影響が大きいと思われます。


ジャンルを超えていくコアな音楽的影響

そもそも、古坂大魔王のTwitterのプロフィールにはDie Antwoord、ATARI TEENAGE RIOT、PRODIGY、BABYMETALの名前も上がってました。Die Antwoordは、ケープタウン出身のレイヴに強く影響を受けたヒップホップ・グループです。ヴィジュアル・インパクトも強烈なリードラッパーのNinjaとは、是非いつか共演してもらいたいですね。

出典元:(YouTube:Die Antwoord)

そして、ピコ太郎が天才だと思ったのは「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」とは44秒のトラックを同じくして歌詞を変えた19曲目「カナブンブーンデモエビインビーン」でした。この呪文のような謎のタイトル。これは、解説はあえてはぶきます。ぜひ実際に聴いて体験してもらいたいです。驚きですよ、ホントに。



おすすめ楽曲

関連アルバム