クラシック:ミニマル・ミュージック

クラシック:ミニマル・ミュージック

最終更新

プレイリスト紹介

ミニマル・ミュージックはクラシックの前衛実験音楽のジャンルから派生した。1950年代には無調的な音楽が新しいクラシックとして流行っていたが、その全く逆に音を最小限で音楽を作る作曲家達が現れた。スティーヴ・ライヒ、テリー・ライリー。ラ・モンテ・ヤング等がその最初の世代を代表している。この音楽はロックやテクノに大きな影響を与えるようになった。イギリスではブライアン・イーノがマイケル・ナイマンやギャビン・ブライヤーズのプロデュースを始め、それは後に実験音楽からアンビエント・ミュージックに発展する。フィリップ・グラスやマイケル・ナイマンは映画音楽の作曲家としても成功する。

楽曲一覧

A Rainbow in the Curved Air - Instrumental     18:39
Electric Counterpoint: II. Slow     03:22
Queen of the Night     06:55
Four Organs     15:52
Shaker Loops: IV. A Final Shaking     03:52
1/1 - Remastered 2004     17:20
Knee Play 5     05:29
1. Subterraneans     15:10
A Woman Sees How the World Goes With No Eyes     07:15
Memorial - 2004 Digital Remaster     12:01
The Chairman Dances (Foxtrot for Orchestra)     12:25
Tabula Rasa: Ludus     09:50
Different Trains: Europe, During the War     07:30
The Harp of New Albion: I. The New Abion Chorale / The Discovery     21:33
Electric Counterpoint: III. Fast     04:39
Schlingen-Blängen     01:11:38
Fullness Of Wind (Variation On 'The Canon In D Major' By Johann Pachelbel) - Remastered 2004     09:55