Def Techが100年後に残したい音楽:897Selectors#29

Def Techが100年後に残したい音楽:897Selectors#29

作成者
897 Selectors
最終更新

プレイリスト紹介

第29回目の「KKBOX presents 897Selectors」はDef TechのShen&Microが登場。日本のレゲエ・サーフミュージックシーンを牽引するふたりのルーツ・ミュージックに改めて耳を傾けると、Def Techの音楽をもっと深く感じることができます。そして本格的な夏が到来するこの時期にぴったりな選曲なのです。

<TALK MEMO>
−Microセレクト−
M1. 15の夜 / 尾崎豊
リアルタイムで聴いたわけではなく、15歳の頃にBOXセットを買って聴いたとのこと。「今の時代、こういう表現はできない。タイムレスでボーダーレス。ラップの混ぜ方などは、Def Techにも影響している。」と語った。一方Shenは「初めて聴いたけど素晴らしい!」と絶賛した。

−Shenセレクト−
M2. Easy / Commodores
「ライオネル・リッチーは一番憧れるシンガー」と語るShenさん。85年のハワイ公演を観に行った時に、2時間半ずっと椅子の上に立って歌ったそうで、「まるで自分もステージに立っている気分だった」とのこと。このコンサートがきっかけで歌手を目指すことになった。

〜音楽活動に影響を与えた曲〜
−Microセレクト−
M3. What I Got / Sublime
ラップとメロディーの入り方など、Def Techに大きな影響を与えたというSublime。ブラッド・ノウェルについてMicroさんは「自分のなりたい理想像。彼になりたくてDef Techを始めた」と語った。

−Shenセレクト−
M4. Lei Pikake / Hapa
白人+ハワイアンの2人からなるHapa。Hapaはハワイ語でハーフという意味で、2つの人種が混ざっていることを表していて、Def Techのスタイルとも共通している。この曲はHapaの中で一番好きな曲とのことで「ジャワイアンよりもトラディショナルに近い。でもエッジな部分もあって面白い。」とShenさんは紹介した。

〜100年後も誰かの心に残っていて欲しい曲〜
−Microセレクト−
M5. Is This Love / Bob Marley & The Wailers
Microさんが産まれる前の78年リリース『Kaya』収録の1曲。お腹にいた時に良く聴いていたそうで、Microさんが2歳の時に自分でレコードに針を落として聴いていたとのこと!しかしジャケットが怖くて、ジャケットを見ると泣いていたそう。笑。父親が海などに向かう時に流してくれたそうで、家族と過ごした日々を思い出すと語った。

−Shenセレクト−
M6. Boss D.J. / Sublime
再び登場のSublime。「このラフな感じ、みんなに聴いて欲しい。」と語るShenさん。100年後に残したい理由として「この曲はDJに向けたメッセージを歌っている。DJは音楽シーンを作る存在。特に今の時代にこそ意味がある。これからの100年に影響を与えてほしい」と話した。

〜現在のDef Tech・・・〜
M7. Journey / Def Tech
M8. LOL / Def Tech
通算8枚目のアルバム「Eight」をリリースしたばかりのお2人。制作は5ヶ月延びるなど大変だったとのこと。彼らの原点を再確認しつつ誕生した今作、是非お聴き下さい!

楽曲一覧

15の夜   05:30
Easy     04:20
Lei Pikake     05:27
Is This Love - Album Version
Bob Marley & The Wailers - Kaya
  03:52
Boss D.J. - Album Version
Sublime - Gold
    02:51
Journey
Def Tech - Eight
  03:35
LOL
Def Tech - Eight
  05:37