1990

作詞:吉川晃司    作曲:布袋寅泰

抱きしめたこの腕をもうはなしはしない
もう二度とその瞳戸惑いで曇らせない

プライドを守るために思ってもない言葉で
身勝手に傷つけていた悔しさから逃げていた

欲しい物も憧れもはじめから違うから
求めつづけて探しつづけていこう

いつだってその笑顔より輝いているものはない
どんなに強がってもひとりじゃ何もできない

二人の夜に例えば重ねてきたエピソード
こころうるわせる夢にしまいこんで眠ろう

交わす言葉に凍りつくいじけた都会でも
二人なら旨くやれるさきっとやれる

今すべての想い出を投げ捨てて
今すべての夢に勇気を込めて
今すべてをこの愛にかけてみる

ほどけた靴ひもをむすんで

欲しい物も憧れもはじめから違うから
求めつづけて探しつづけていこう

今すべての想い出を投げ捨てて
今すべての夢に勇気を込めて
今すべてをこの愛にかけてみる

ほどけた靴ひもをむすんで

今すべての想い出を投げ捨てて
今すべての夢に勇気を込めて
今すべてをこの愛にかけてみる

ときめく街に夜が明ける
ほどけた靴ひもをむすんで
振り向かずに歩いてゆく