ばってん、ばってん、ばってんてん(おてもやん)

作詞:日本民謡    作曲:日本民謡
ばってん、ばってん、ばってんてん
おてもやん
あんたこの頃嫁入りしたではないかいな
嫁入りしたこつぁしたばってん
ご亭どんが ぐじゃっぺだるけん
まあだ杯はせんだった
村役 鳶役 肝煎りどん
あん人たちのおらすけんで
あとはどうなときゃあなろたい
川端町っつあん きゃあめぐろ
春日ぼうぶらどんたちゃ 尻ひっぴゃあて
花盛り 花盛り
ピーチクパーチク雲雀の子
げんぱく茄子のいがいがどん

ばってん、ばってん、ばってんてん
一つ山越え もう一つ山超え あの山越えて
私やあんたに惚れとるばい
惚れとるばってん いわれんたい
追々彼岸も近まれば 若者衆も寄らすけん
くまんどんのよじょもん詣りに
ゆるゆる話をきゃあしゅうたい
男振りには惚れんばな 煙草入れの銀金具が
それもそもそも因縁たい
アカチャカベッチャカ チャカチャカチャー