トマト売りの歌

作詞:久保田早紀    作曲:久保田早紀
そう・・・荷車の影を長く引きづって
1日中働いたって明日は買えない
この街に古い者なら誰でも
知っているさ 話好きのトマト売りを
"お嬢さん おひとつ
燃えるような恋の赤い実をどうぞ"
路地から路地へと 声かけて歩く
気楽なもんさ 人生なんて商売は

これでも若い頃 きれいな娘連れ
エストリルの海岸を散歩したこともある
白壁にもたれて昔話すれば
子供達が珍しそうに集まってきた
"おじょうちゃん おひとつ
お日さまからこぼれた赤いトマトを"
路地から路地へと 声かけて歩く
お人良しの笑顔には深いしわがある