楽曲

LITMUS

試聴する フル再生

作詞:小林壱誓     作曲:小林壱誓、穴見真吾


編曲/Arranger:Naoki Itai(MUSIC FOR MUSIC)、緑黄色社会

誰より深く私を知っていた
あなたにだけ言えない
秘密がある
重なりあえど許されちゃいけない
この体に潜んだ魔物が笑う

思えば思うほど隠れてしまう
いつぞやの朧月の背中へと
そこにあなたの手が
ふれる未来を
待つことがどれほどまで
あやういか

誰より深く私を知っていた
あなたにだけ言えない
秘密がある

その手をその目を
その輝きをそのままに
別れも告げずに
離れてしまえたらいいのに
おのれどれほどああたを
思っていても
リトマスの紙はかざせないまま
私はそれでも
あなたの側にいてしまう

何も言わずに 何も触れずに
全て透かされているような夜だ
そんなあなたの目に宿る光を
とめどなくそれとなく抱きとめる

その手をその目を
その輝きをそのままに
別れも告げずに
離れてしまえたらいいのに

その手にその目に
残る私をそのままに
あなたの全てを
忘れてしまえたらいいのに

おのれこれまで流れて
涙はどれも(涙はどれも)
リトマスの紙にかざせないまま
私はそれでも
あなたの側にいてしまう

嘘はついてない
本当にもふれない
あなたにだけ言えない
秘密がある

収録アルバム

LITMUS
LITMUS
2021/08/13

楽曲一覧

    収録曲を見る