日本陸軍(若原一郎)

作詞:大和田建樹    作曲:深沢登代吉
天に代りて不義を討つ
忠勇無双の我兵は
歓呼の声に送られて
今ぞ出で立つ父母の国
勝たずば生きて還らじと
誓ふ心の勇ましさ

或は草に伏し隠れ
或は水に飛び入りて
万死恐れず敵情を
視察し帰る斥候兵
肩に懸かれる一軍の
安危は如何に重からん

道なき方に道を付け
敵の鉄道撃ち毀ち
雨と散り来る弾丸を
身にあびながら橋かけて
我が軍わたす工兵の
功労何にか譬ふべき

鍬とる工兵助けつつ
銃とる歩兵助けつつ
敵を沈黙せしめたる
我軍隊の砲弾は
放つに中らぬ方もなく
其声天地に轟けり

一斉射撃の銃先に
敵の気力をひるませて
鉄条網も物かはと
踊り越えたる塁上に
立てし誉の日章旗
皆我歩兵の働きぞ

撃たれて逃げゆく八方の
敵を追ひ伏せ追散らし
全軍残らず撃ち破る
騎兵の任務重ければ
我が乗る馬を子の如く
いたはる人もあるぞかし