KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:KURO・MICRO・U-ICHI   作曲:KURO・MICRO・U-ICHI


雲のように自由にfly 邪魔するものは何もない
藍より青いあの空にdive 今日はしばる時計すらもない
照りつける太陽Hold me tight 白いじゅうたんまるで魔法みたい
ここは楽園place of nowhere 夢のような現実が広がるところ
ウ~ララ ウ~ララ

夏色に目の前を染めてく太陽 もう眩しくて何も見えないよ
これは直射日光 ひかりのせい?
『それとも君が視界に入ったせい?』
なんてふざけあった青い空の下 白い砂浜 歩きながら
皆々様と南の島で一夏のアバンチュール楽しむのさComon!

ジリジリと肌に ギリギリのハニー ビリビリとくるぜ キミの谷間に
ヒリヒリとバーニング ロマンティックブギー 空と海が出会うこの波間に
一夏のメモリーきざむ フルーツジュース サングラスごしにのぞくOcean view
汗をかいたグラスを手に lay back babe it's a paradice city

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

空と海とが出合う所 そこは楽園 一期一会の出会いで溢れ
まるで 何処かでつながる水平線 誰もが導かれていたんだね
火照った肌 日焼けのせい?
『それとも君が僕の近くにいるせい?』
水着のあとが物語る 思い出す度、今も胸が高鳴る

潮風が頬を撫でた夕暮れ そっと目を閉じて波に抱かれ
浮遊する僕を包む大空 吸い込まれて空を飛んでるようだ
ここじゃ時間はゆっくり流れ 穏やかに進む誰もが忙ねー
日々の忙しい生活忘れて 今日は過ごそう自分のペースで

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

雲のように自由にfly 邪魔するものは何もない
藍より青いあの空にdive 今日はしばる時計すらもない
照りつける太陽Hold me tight 白いじゅうたんまるで魔法みたい
ここは楽園place of nowhere 夢のような現実が広がるところ

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

雲のように自由にfly 邪魔するものは何もない
藍より青いあの空にdive 今日はしばる時計すらもない

空と海の出会うところ

KKBOXを起動

作詞:KURO・MICRO・U-ICHI   作曲:KURO・MICRO・U-ICHI


雲のように自由にfly 邪魔するものは何もない
藍より青いあの空にdive 今日はしばる時計すらもない
照りつける太陽Hold me tight 白いじゅうたんまるで魔法みたい
ここは楽園place of nowhere 夢のような現実が広がるところ
ウ~ララ ウ~ララ

夏色に目の前を染めてく太陽 もう眩しくて何も見えないよ
これは直射日光 ひかりのせい?
『それとも君が視界に入ったせい?』
なんてふざけあった青い空の下 白い砂浜 歩きながら
皆々様と南の島で一夏のアバンチュール楽しむのさComon!

ジリジリと肌に ギリギリのハニー ビリビリとくるぜ キミの谷間に
ヒリヒリとバーニング ロマンティックブギー 空と海が出会うこの波間に
一夏のメモリーきざむ フルーツジュース サングラスごしにのぞくOcean view
汗をかいたグラスを手に lay back babe it's a paradice city

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

空と海とが出合う所 そこは楽園 一期一会の出会いで溢れ
まるで 何処かでつながる水平線 誰もが導かれていたんだね
火照った肌 日焼けのせい?
『それとも君が僕の近くにいるせい?』
水着のあとが物語る 思い出す度、今も胸が高鳴る

潮風が頬を撫でた夕暮れ そっと目を閉じて波に抱かれ
浮遊する僕を包む大空 吸い込まれて空を飛んでるようだ
ここじゃ時間はゆっくり流れ 穏やかに進む誰もが忙ねー
日々の忙しい生活忘れて 今日は過ごそう自分のペースで

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

雲のように自由にfly 邪魔するものは何もない
藍より青いあの空にdive 今日はしばる時計すらもない
照りつける太陽Hold me tight 白いじゅうたんまるで魔法みたい
ここは楽園place of nowhere 夢のような現実が広がるところ

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

この季節が来るたびに時を 止める事が出来たらいいな~
なんて事ばかり考えてしまうよ 砂に残された城のように
ウ~ララ ウ~ララ ウ~ララ ラ~ラララ
鼻歌に乗せたこの想いを風が運ぶよ

雲のように自由にfly 邪魔するものは何もない
藍より青いあの空にdive 今日はしばる時計すらもない